« とうとう真のIBM | トップページ | なぜ評判がいいの? »

2001年9月12日 (水)

幻のマシン

CHANDRA 1996年暮、IBM PalmTop PC110の開発元であるRIOSからCHANDRAなるマシンが発表された
RIOSは日本IBMとリコーの合弁会社であるので日本IBMから販売が順当であるが米国IBMが「うん」といわないらしい!
このマシンに惚れたファンは販売先が決まらないので騒いだ!
遂に2,3の弱小会社が少量ではあるがOEMでネット販売を始めた
いずれも瞬く間に完売で、ようやく日立がOEM販売をするようになって店頭に並ぶようになった
この/Ve1もソフトバンクがOEM販売したものである

|

« とうとう真のIBM | トップページ | なぜ評判がいいの? »

Chandra/Ve1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/5906169

この記事へのトラックバック一覧です: 幻のマシン:

« とうとう真のIBM | トップページ | なぜ評判がいいの? »