« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月28日 (木)

さよなら!Polaroid SX-70

このデジカメ時代にどういうわけかPolaroid SX-70が若者に持て囃されている。
発売は今から35年前、専用フィルムは既に製造中止、わずかに残っている600用の高感度フィルムを使う為に、NDフィルターを付けて撮影するか、改造して使っているのだ。
デジカメならいらないのにフィルムも10枚入りが1,000以上する。
そのSX-70がガラスケースの中に眠っている。
かわいそうなので世の中に出してあげようとカメラのキタムラに持って行ったら300円査定された。
これじゃ我がSX-70も浮かばれない!
実は動作すれば10,000円以上にはなるのだが、動作確認に下手をすると10,000円かかってしまう。
で、mixiのSX-70コミュニティを見ていたらSX-70を再生して販売しているHot-Art Balloon Shopが見つかったので査定して貰った。
動作したら12,000円、動作しなかったら部品取りにするので3,000円とのこと。
結果は動作したがレンズにカビがあり8,000円で買取られて行ってしまった。
さあ、どんな若者が使ってくれるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

X24増設メモリー不良?

先般のThinkPad X24のブルースクリーン問題は、どうやら増設メモリー不良のようだ!
ThinkPad Clubで教えて頂いたメモリー診断ソフトMemtest86+で診断してみたら実行した途端に
エラー発生、10回実行した結果はPass=0,Errors=0~11,267で、いずれも診断停止した。
試しに増設メモリーを外して10回実行したらPass=10,Errors=0で問題なし。
この結果から増設メモリー自身の不良と云いたいところであるが、
メーカーってこんな不良品を出荷するもんなんだろうか?
心配は中古PCで5年間空スロットになっていた端子部の腐食ではないだろうか?
とりあえずグリーンハウスのサポートに電話してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ThinkPad X24 ブルースクリーン

先日、中古で購入したThinkPad X24 WindowsXPが時々ブルースクリーンになって再起動する。
その再起動は正常起動せず固まるので強制電源オフしなければならない。
この状態になったのはメモリー増設IE7にしてからなので原因はこのどちらかだ!
原因絞込みのためにIE6のままのWindows2000HDDに交換してみるとこの現象は発生しない。
とすると原因はメモリーか?
試しに増設メモリーを外してみるとこれも正常だ!
原因は増設メモリーだ!
現象は時々発生だからメモリーそのものではなく接触不良か?
約5年間、空きスロットルだった端子が怪しい?
ということでメモリーを2・3回抜き差ししてから装着した。
今のところブルースクリーンは発生しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »