« s30の無線LANをIEEE802.11b/g化 | トップページ | Dドライブの活用 »

2007年6月10日 (日)

iappli描画領域

ケータイの液晶描画領域が大きくなってきた。
これはうれしいことであるがアプリ開発側からいうと結構大変なのだ!
それもDoja4.0迄はDrawAreaを指定しなければ最大サイズ表示になってくれたので意識しなかった。
ところがDoja5.0になってからDrawArea指定をしないと自動的に240*240になってしまう。
それ以上のサイズを持っているケータイを機能を生かすにはそれぞれサイズをDrawArea指定しなければならない。
例えば、左画240x240,右画240x432のように描画されます。240x432_1 240x240_7

描画領域対応機種
240*240 700/900-702/902
240*267 M702
240*320 703/903-904
240*368 SO703/903
240*432 F904縦
432*240 F904横
480*480 N903
480*704 N904

詳細はこちら参照下さい。

尚、iアプリ実験室のアプリの描画領域はデフォルトの240*240に設定しています。
これより大きい描画をご希望の方はアプリ名と機種名をメッセージボードに書込んで下さい。

|

« s30の無線LANをIEEE802.11b/g化 | トップページ | Dドライブの活用 »

ケータイ」カテゴリの記事