« パソコンとの親和性No.1のデジタルテレビ | トップページ | そして名機COOLPIX5400に出会う! »

2008年7月 3日 (木)

DimageA1の液晶モニターの表示が・・・(修理顛末)

先日からDimageA1の液晶モニターの表示がチラチラ消えるようになると思ったら、とうとう表示されなくなった。
モニターを起こしてみると裏側に見えるフラットケーブルが半分切断されているではないですか。
これじゃ駄目だ!メーカーminoltaはカメラ事業撤退、修理はどうすんの?web上を漁ってみると日研テクノが「コニカミノルタのカメラ修理は今後とも弊社が承ります」とのこと。
この古いデジカメに固持する理由はたったひとつ、液晶モニターとファインダーがウエストレベルになること。
ホームページ掲載用の「がらくた」撮影に必須なのだ!
試しに修理依頼して見よう!

早速、メールで見積依頼をした。

見積依頼、現象は下記の通りです。Dimagecut
・液晶モニターのフラットケーブルが折れて切断しているのが見える。
・先日まで触ると液晶表示されることもあったが現在は完全に表示されない。

するとDimageA1の見積は日研テクノでは修理できないということで日研テクノ経由SONYとなった。

見積回答< minolta・Dimage A1>                                                   Dimagea1
修理料金 ¥18,780(送料・税別)
・液晶モニターケーブル切れ 交換
・各部分解・調整・清掃・点検等

この値段なら同等品がオークションで手に入る。
問題は送ってしまってあり返却して貰うだけどの費用が掛かる!
締めて修理依頼時の送料と合わせて3,000円の勉強代でした。
このDimageA1、液晶モニターは使えなくなったが、ファインダーが生き残っているのだ!

|

« パソコンとの親和性No.1のデジタルテレビ | トップページ | そして名機COOLPIX5400に出会う! »

デジカメ」カテゴリの記事