« Puppylinuxの無線LANアダプタ設定 | トップページ | CF-B5 やっぱり、Windowsだ! »

2008年10月17日 (金)

CF-B5 Windows2000 クリーンインストール

マシンはトリプルOS(PuppyLinux,Ecolinux,Windows XP)のCF-B5である。
これのWindowsXPWindows2000に入れ替えようとした。
Windows XPの時はすんなりいったがWindows2000は苦労した。
先ず、純正のCD-ROM KXL-840ANで単純にブート出来るのと思っていたらCD-ROMの読込が順調に終了するが再起動時にSTOP:0X0000007Bエラー!
Windows2000ではCDブートが駄目なようだ!
Windows2000アップグレードキット操作説明書を参照したらWindows2000 CD-ROMi386フォルダをHDDのCドライブにコピーしてその中のwinnt.exeを起動してインストールしなければならないようだ。
それではと
1.トリプルOSのPuppyLinuxでHDDのCドライブのファイルをすべて削除してWindows2000 CD-ROMi386フォルダをHDDのCドライブにW2KCDファルダとしてコピー
2.Windows98Dynabook Satelite 2510CDTAがあったのでそれで起動ディスクを作成
[スタート]→[設定]→[マイコンピューター]→[アプリケーションの追加と削除]から[起動ディスク]タブを選択、[起動のディスク作成]でフォーマット済FDが2枚必要
3.起動ディスクからMSーDOSを立ち上げコマンド入力

a:\>smartdrv
a:\>c:
c:\>cd \w2kcd
c:\w2kcd\>winnt.exe

これでW2KCDフォルダからインストール開始、再起動も順調に開始されてOSインストール完了
4.あとはCF-B5用のWindows2000アップグレードキットをインストールで無事終了

|

« Puppylinuxの無線LANアダプタ設定 | トップページ | CF-B5 やっぱり、Windowsだ! »

Let'sNote」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/42816802

この記事へのトラックバック一覧です: CF-B5 Windows2000 クリーンインストール:

« Puppylinuxの無線LANアダプタ設定 | トップページ | CF-B5 やっぱり、Windowsだ! »