« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月14日 (土)

トランセンドIDE版SSDの転送速度が遅い!

ファンレスマシンCF-A3にトランセンドIDE版SSDのTS32GSSD25-Mを換装して快調し使用して来た。
ところがCristalDiskMarkでSSDの転送速度を測定してみたら同じSSDなのにCF-R1とは同じであるがCF-R3よりかなり遅い。

Let'sNoteCF-R3EW4AXP
Intel 855GME Chipset
MobilePentium M1.1GHz
Memory 768MB
WindowsXP
トランセンドIDE版SSD TS32GSSD25-M
Cristalcfr3xp
Let'sNoteCF-R1PCAXS
MobilePentium Ⅲ M 800MHz
Intel 440MX Chipset
Memory 256MB
WindowsXP
トランセンドIDE版SSD TS32GSSD25-M
Cristalcfr1xp
Let'sNotePRO CF-A3R8W2S
Intel 82440MX Chipset
MobilePentiumⅢ M 700MHz
Memory 256MB
FAT32
Windows2000
トランセンドIDE版SSD TS32GSSD25-M
Cristalcfa32000

この違いはチップセットによるのだそうだ。
IDEコントローラの状態をチェックするには」によるとIntel 82440MXは転送モードUltraDMA2で33MB/sが限界とのことだ!
古いパソコンをSSDで復活させようとしても限りがあるってことでした。

(参考)

PRONOTE CF-B5XR8S
Intel 82440MX Chipset
MobilePentiumⅢ M 700MHz
Memory boot.ini max=256MB
NTFS
WindowsXP
日立IDE版7200rpmHDD HTS721080G9AT00
Cristalcfb5xp
PRONOTE CF-B5XV8S
Intel 82440MX Chipset
Mobile Celeron 650MHz
Memory 192MB
FAT32
Windows2000
日立IDE版5600rpmHDD HTS541680J9AT00
Cristalcfb52000
ThinkPad s30 2639-CJ6
Intel 440MX Chipset
PentiunⅢ600MHz
Memory 256MB
FAT32
Windows2000
サムスンIDE版SSD MCAQE32G5APP-0XA
Cristals302000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

遅れて来たトラックボーラー

Trackboll トラックボーラーってなに?
現在パソコンにはマウスが普通に使われているが、マウスが苦手な人やパソコンテーブルが狭い人に向いる。
マウスを移動させるかわりにボールを転がすのだ!
かつて、トラックボールを内蔵したノートパソコンLet's Noteを持っている人をトラックボーラーと呼んだ!
現在は薄型化の波に飲まれてトラックボール機は販売されていませんが、中古では入手可能だ!

このマシンの性能は、いま人気のネットブックよりも低いがトラックボールの使い易さは何よりも変え難く、自分はオークションで下記マシンを入手して先人達の知恵を加えて現用機として使っている。

復活!トラックボール機ーPRONOTE CF-B5XV8Sー

トリプルブート(Windows2000+Ecolinux+Puppylinux)
Windows2000クリーンインストール
Ecolinux無線LANアダプタ接続
EcolinuxプリンタPIXUS MP390設定
EcolinuxプリンタPIXUS IP4300設定
Puppylinux無線LANアダプタ接続
Cfb5_linux

CF-B5シリーズ最強機ーPRONOTE CF-B5XR8Sー

・Windows XP(CDブート可能、XPアップグレードキッド
IDE最速7200rpmHDDに換装
禁断の256MB化(Boot.ini制限方式)
CF-A1天板換装でネービ-ブルーメタリック化

Cfb5new
最強・最後のトラックボール機ーLet's Note PRO CF-A3R8W2Sー
Windows2000クリーンインストール
有線LANポート故障
内蔵無線LAN IEEE802.11b/g化
内蔵無線LANデュアルアンテナ化
SSD換装でノンスピンドルマシン化
SSD化プチフリ、FAT32で改善
Cfa3r8cxr_4165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

CF-A1天板換装でCF-B5ネイビーブルーメタリック化

CF-B5がモバイル機CF-B5XR8Sと実験機CF-B5XV8Sの2台がある。
外観がまったく同じで区別がつかない!
そこでモバイル用P機の方に塗装をしようと検討したが難易度が高い。

そんな時上半身の構造が同じと言われているLet's Note CF-A1のジャンクがオークションに出て来た。
とにかく入手して見ようと2,200円で落札!
バッテリーなど、欠品のあるが必要なのは天板だけ、美品だ!
Cfa1top
早速、上半身を換装しようと試みたがマザーボードと接続するコネクタ形状が違う、ケーブルも短い。 Cfb5up
天板(液晶リアパネル)だけを換装した方がよさそうだ!
天板取外しは液晶ベゼルが薄いプラスチックなので割らないように注意!
Cfa1tenban
これで完成、車の塗装のようなネイビーブルーメタリックのマシンに仕上がった! Cfb5a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »