« WILLCOM GWスペシャル企画 | トップページ | T61に爆速RAMディスクをつくる »

2009年5月 1日 (金)

CF-A1をLinuxマシン化

講師仲間DさんのCF-A1の液晶が暗くなったというので預かった。
見てみるとバックライトの劣化のようだ!
それとHDDから異音がする。

そこで、幸い我が愛機CF-B5をネービーブルーメタリック化した時に余っていた液晶パネルと
同じくCF-B5のHDDを7200rpmに換装した時に外した10GBのHDDをCF-A1に移植することにした。
メモリーは仕様では最大128MBとなっているがチップセット最大は256MBまでいけるようだが、
これはメモリーを入手してから・・・

次にソフトだ!このマシンはもともとWindows 98、これをWindows Meにアップグレードしてあった。
Dさんの希望はLinuxマシンにしたいとのことだが、メモリー128MBなのでPuppyLinuxを入れることにした。
ところがUSB接続のFDドライブを認識してくれずファーストエイドFDが読み込めない。
折角、純正CDドライブがあるんだけどどうにもならない。
そこで無謀なことを・・・
CF-A1用のHDDを取外してCFーB5に入れてPuppyLinuxをインストール、ついでにEcoLinuxもインストールしてCF-A1に戻した。
動作確認、PuppyLinuxはOK、EcoLinuxがNetworkManeger関連のワーニングでSystem holtedとなりシャットダウンしない!
Web検索によるとLinuxでは機種依存で珍しくないエラーで電源手動切断で問題なしとあるが気になる・・・

|

« WILLCOM GWスペシャル企画 | トップページ | T61に爆速RAMディスクをつくる »

Let'sNote」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/44854852

この記事へのトラックバック一覧です: CF-A1をLinuxマシン化:

« WILLCOM GWスペシャル企画 | トップページ | T61に爆速RAMディスクをつくる »