« ケータイ機種依存情報(追加) | トップページ | Windows7のXPモード »

2009年5月23日 (土)

docomo DojaからStarへの移植

iアプリコンテンツ開発ダイドfor Star-1.x詳細編」によると

StarプロファイルとDojaプロファイルではソースコードレベルでの互換性がありません。
この互換性の問題に対応するため、今後当面の期間において、Star対応電話にもDojaアプリケーション実行環境が搭載されます。
Dojaアプリケーション実行環境は、将来的にはStar対応電話には搭載されなくなる可能性があります。
とのことだ!

SH-03A以降、Dojaで横画面表示が出来ないのはその兆候の現われか?
横表示はStarでないと出来ないとのことでStar開発環境を構築することにした。

(1)事前にSUNサイトにあるJ2SDK1.4.2をインストール
(2)次にDoCoMoのiappliを作ろうのiαppli Development Kit for DoJa5.0をインストールでQVGA開発は出来る
(3)そしていつも忘れてしまうMath関数用のToolkMASCOT CAPSULE Toolkit for DoCoMoのLibralyのMascot Capsule V3 dll for Doja5.0/5.1/Star1.0からダウンロードしたmicro3d_v3_32.dllをiDKStar1.0/binフォルダに入れる

DojaからStarへの移植は下記が相違するだけで比較的簡単だ!

・import com.nttdocomo.ui.*; → import com.docomostar.ui.*;に変更
・IApplication → StarApplicationに変更
・void start() → void started(int launchType)に変更
・待ち受け機能なし
・FONTサイズ指定はTINY,SMALE,MEDIUM,LARGE → 12,16,24,30,32,48,60に変更
・ShortTimerはTimerに変更
・media関連は import com.docomostar.media.*;パッケージ
・デフォルト画面サイズ240×240→480×480
・SOFT_KEY3/4(全角4文字)/SELECT_KEY(全角2文字)追加
・アプリの終了はStarApplication.getThisStarApplication().terminate();

そんなわけで移植第一弾「横型潮汐ワイド」完成!

|

« ケータイ機種依存情報(追加) | トップページ | Windows7のXPモード »

ケータイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/45102326

この記事へのトラックバック一覧です: docomo DojaからStarへの移植:

« ケータイ機種依存情報(追加) | トップページ | Windows7のXPモード »