« CF-A1をLinuxマシン化 | トップページ | Windows7 32bit版と64bit版の起動時間比較 »

2009年5月 6日 (水)

T61に爆速RAMディスクをつくる

Ramdisk メモリーが安くなったのでThinkPad T61のメモリーを4GBにした。
購入したメモリーはBUFFALO D2/N800 PC2-6400 DDR2 S.O.DIMM 2GB 2,280円を2個だ!
実は4GBにした目的はRAMディスクを作りたかった。
32ビットマシンの最大メモリーサイズは約3GBで残りの無駄領域にRAMディスクを作成してくれるフリーソフトを利用する。

T1_xp_7200hdd T1_ramdisk ・Garotte Ramdisk
・RamPhatom3LE

今回は設定が簡単なRamPhatom3LEを使用した。
これをダウンロードするにはI-O DataのメモリーのシリアルNo.が必要だ!
インストールが完了するとデフォルトで128MBのRamDiskが作成されていたので最大の950MBに設定し直した。
先ずはRAMディスクの爆速状況をCrystalDiskMarkで測定してみた。
(左;RamDisk、右;7200HDD)
その他効果はRamPhatom3LEで4GBメモリーをフルに活用!!を参照願いたい。

|

« CF-A1をLinuxマシン化 | トップページ | Windows7 32bit版と64bit版の起動時間比較 »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/44919269

この記事へのトラックバック一覧です: T61に爆速RAMディスクをつくる:

« CF-A1をLinuxマシン化 | トップページ | Windows7 32bit版と64bit版の起動時間比較 »