« T61に爆速RAMディスクをつくる | トップページ | InternetExplorer8の非互換 »

2009年5月 8日 (金)

Windows7 32bit版と64bit版の起動時間比較

Windows7のRC版が公開された。
32bit版と64bit版がある。
これからは64bitだと言われているが、無料で入手できるいいチャンスなので起動時間を比較してみた。
テストマシンはThinkPad T61で仕様は下記の通り
・CPU Intel Core2 Duo T7250(2MB/2GHz)
・ChipSet Mobile Intel GM965 Express
・Memory PC2-5300 DDR2 SDRAM 4GB
・Display 14.1"(1,440x900)
・Vidio Intel GMA X3100
・HDD 120GB (5,400rpm)

Windows7 32bit版 Windows7 64bit版
Win7_32s Win7_64s
Win7_32e Win7_64e

事前予想では32bit版はメモリー限界で3GB、64bit版はフルメモリー4GBとなるので64bit版有利と思っていたが、結果は両者同じでした。

|

« T61に爆速RAMディスクをつくる | トップページ | InternetExplorer8の非互換 »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

6GBなら早くなるんでしょうね!
私も4GBメモリーが安くなったら8GBにするつもりです。

投稿: 大和 | 2010年2月 8日 (月) 07時58分

私の環境では6GB積んでいますが、64bitの方が起動早かったですねぇ

ちなみにOSの起動はHDDからデータの読み出しをする待ち時間がほとんどですので、HDDをSSDに変えた方が速度はでるかもしれませんね。

投稿: JJJ | 2010年2月 7日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/44941872

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7 32bit版と64bit版の起動時間比較:

« T61に爆速RAMディスクをつくる | トップページ | InternetExplorer8の非互換 »