« 自宅LANの構築 | トップページ | 拡張子MDIとは »

2009年6月13日 (土)

自動テフラグ機能の停止

SSDはテフラグは不要、いや必要など諸説飛び交っている。
WindowsXPはアイドル状態で自動的にテフラグが機能してしまう。
そこで書換寿命が心配なので自動機能を停止することにした。

1.スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。
2.レジストリエディタが起動したら、次のキーを開く。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OptimalLayout
3.「OptimalLayout」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選び「EnableAutoLayout」というDWORD値を作成する。
4.「EnableAutoLayout」をダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「0」を入力して「OK」ボタンをクリックする。
5.レジストリエディタを終了してWindowsを再起動する。

|

« 自宅LANの構築 | トップページ | 拡張子MDIとは »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/45326402

この記事へのトラックバック一覧です: 自動テフラグ機能の停止:

« 自宅LANの構築 | トップページ | 拡張子MDIとは »