« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月21日 (月)

「スクリプト実行しても安全だとマークされているこのページのソフトウェア(ActiveXコントロール)のいくつかに、スクリプトがアクセスしています。アクセスできるようにしますか?」

Activex

すると今度は上記警告が・・・
これは[インターネットオプション]→[セキュリティ]→[インターネット]→[レベルのカスタマイズ]→[スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行]→[有効にする]にチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「セキュリティで保護された Web ページ コンテンツのみを表示しますか?」

Https

これは、セキュリティを少しでも向上させようというマイクロソフトの親切心なのですが、
しかし、はっきり言ってありがた迷惑ですね!
原因はhttpとhttpsのコンテンツの混在で、urlがhttps://のページが内部参照がhttpを使っているときが多いと思う?
「セキュリティで保護された Web ページ コンテンツのみを表示しますか?」を表示しないようにするには
[ツール]→[インターネットオプション]→[セキュリティ]→[インターネット]→[レベルのカスタマイズ]→[混在したコンテンツを表示する]→[有効にする]にチェック


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

BuffaloRamDiskユーティリティーでOS管理外につくるには

246

コントロールパネルホームで確認したら実装メモリー4.00GB(2.46GB使用可能)
あれっ!3GBないの?
BuffaloRamDiskユーティリティーのmanual_Randisk.pdf見たら下記の記載があった。
-------------------------------
● お使いのパソコンにバッファロー製メモリーが1枚以上増設されている場合、Windows(32bit)で管理できないメモリー領域もRAMDISKに割り当てることができます。
-------------------------------

296

自分のはBuffaloメモリーでなかったのでramdiskがOS管理内に作られたってことですね!
別のRamDiskソフトを探さないと・・・

とりあえず、RAMDISKなし2.96GBで・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

X200sメモリー4GBデュアルチャンネル+RAMディスク化

Cpuz_2
X200s 7465CTOの仕様は PC3-8500 DDR3 最大4GBで現在搭載は2GB PC3-8500S M471B5673FHD-CF8である。
これにCFD Elixir DDR3-SODIMM D3N1333Q-2G DDR3 PC10660 CL9 ¥ 2,138を増設した。
CPU-Zでデュアルチャンネル確認、最近は同じメモリーでなくてもデュアルになるようですね!

Ramdisk
Windows7 32ビットなので1GB余りはBUFFALO RAMDISK ユーティリティーでRAMディスク化した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

メモリーデュアルチャネル化

講師仲間のTさんのNEC VALUESTAR PC-VN750RG6W メモリー4GBデュアルチャネルにしたいとのこと。
DDR2 SDRAM PC2-6400 SO-DIMM(デュアルチャネル対応)
純正PC-AC-ME033C \18,356にしようとして既に搭載されている2GMを確認したらこれと違うのが付いている。
同じ製品をデュアル装着しないと不安なのでBuffalo D2/N800-2GX2/E(2枚組)\7,280にすることにした。
デュアル動作の確認はフリーソフトCPU-ZでOKだ!

|

XP SP3パソコンが重い

SさんのLavie LL350/C Windows XP SP3 メモリー256MB
動作が重い
XP SP3 256MBでは一般的な機種でも無理なのに、この機種はメモリー256MBの内、画像表示に32MB食われているので実質224MBなのだ!
DDR SDRAM PC2700 DN333-A512M/E \1880を増設することにした。
結果、快調だそうだ!

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »