« 電子書籍の自炊 | トップページ | 永久保存のHP200LXが・・・ »

2012年12月29日 (土)

電子書籍の自炊Ⅱ

古い富士通ノートパソコンを借りることができた。
それには3モードFDDデバイスの内蔵され、OASYS Viewerも入っていた。
そして50MBの壁で分冊にした電子書籍を克服するツールChainLPが見つかった。

もう一度、電子書籍自炊のやり直しだ!

1.古い富士通製PCはFDDを読み込んで文書が表示されたのでPDF出力したが文書の網掛部がうまく表示されないのでMicrosoft Office Image Writerで出力。
2.このときChainLPで圧縮するわけであるが、ChainLPの入力は画像ファイルで1頁1ファイルにする必要がある。
3.ChainLPの設定はKindle Paperwhiteでは解像度658x905にする。
4.そして今回の文書はページ補正を単純縦優先とした。
5.これで入力dir、出力pdfにチェックを入れて、入力ボタンからMicrosoft Office Image Writerの出力tifファイル70個の入ったフォルタを選択して出力ボタンで変換が開始される。
6.出来上がりは自炊Ⅰで90MBあって分割せざるを得なかった文書がめでたく6MBになり1分冊に収めることが出来た。

出力ファイルはmobiファイルがいいというのでkindlgen.exeを入れてやったが、send to kindleまではうまくいくがNexus7で表示が出来なかった。

mobiファイルは容量がpdfの2倍になるのでよしとしよう!

|

« 電子書籍の自炊 | トップページ | 永久保存のHP200LXが・・・ »

Android/Chrome」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/56416834

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の自炊Ⅱ:

« 電子書籍の自炊 | トップページ | 永久保存のHP200LXが・・・ »