« 永久保存のHP200LXが・・・ | トップページ | HP200LX;Vzでメモマシン化 »

2013年1月11日 (金)

HP200LX復活作戦;日本語化

HP200LXは英語ベースのマシンだ!
バッテリーを抜いて保存していたので日本語化した情報がなくなっている。
それで先ず日本語化することにする。

探したら必要なものが揃っていた。
・HP 100LX/200LX BIBLE
・EPSON FLASH PACKER 40MB
・Flash Memory Card 74MB
・PCMF 144/20(14.4Kbpsデータ/FAXモデム&20MBフラッシュATAコンビネーションPCカード)
・日本語化キットFDD 2HD 3.5" 1.44MB
・倍速ドライバーFDD 2HD 3.5" 1.44MB
・Vz FDD 2HD 3.5" 1.44MB
・駅すぱあとFDD 2HD 3.5" 1.44MB

P1始めに1台目、2MBモデルで丸廃シール付のクロックアップマシンを復活させることにする。
先ず、日本語化
(1)日本語化キットFDDの内容をEPSON FLASH PACKER 40MBにコピー
(2)[CTRL]+[ALT]+[DLL]で再起動
(3)日本語化キットのシリアルNo.入力
(4)ユ-ザー名を半角英数字で入力
(5)すると自動的に再起動して日本語化終了

次に、倍速ドライバー
(1)倍速ドライバーFDDの中にあるclkup31m.sysをEPSON FLASH PACKER 40MBに追加コピー
(2)a:\config.sysにdivice=c:\clkup\clkup31m.sysの1行を追加
(3)これで再起動
よかった、文字が横に流れる現象がなくなりました。

On2台目、液晶の表面が黒く変色している4MBマシン
(1)1台目のEPSON FLASH PACKER 40MBをFlash Memory Card 74MBにコピー
(2)こっちは倍速化されてないのでa:\config.sysのdivice=c:\clkup\clkup31m.sysの1行をコメントアウト
(3)[CTRL]+[ALT]+[DLL]で再起動
(4)ユ-ザー名を半角英数字で入力
(5)すると自動的に再起動して日本語化終了
液晶の黒ずみはあるが文字は読めるのでこれで当分使うことにする。

|

« 永久保存のHP200LXが・・・ | トップページ | HP200LX;Vzでメモマシン化 »

HP200LX【廃】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/56517450

この記事へのトラックバック一覧です: HP200LX復活作戦;日本語化:

« 永久保存のHP200LXが・・・ | トップページ | HP200LX;Vzでメモマシン化 »