« HP200LX;Vzでメモマシン化 | トップページ | HDDアクセスランプが点灯しっ放し! »

2013年1月22日 (火)

HP200LX;Vzをシステムマネージャーから起動

システムマネージャー起動ではメモリー不足になるのでHP200LX SOFTWARE BIBLE付属のCDROMにmaxdosがあったのでそれを追加インストールすることにした。
システムマネージャーが常時150KBのメモリーを使うためDOS窓が使えるメモリーが少なくなるためメモリー消費の大きいアプリが実行出来なくなる。
maxdosは、それを一時的にスワップしてDOS窓に開放してくれるアプリなのだ!
(1)maxdos.comファイルをbinフォルダに転送
(2)aドライブにスワップ用のtmpフォルダを作成
(3)sm.batを下記を追加
-----------------------
maxdos -l -wa:\tmp
lxime
lxdsps
100
lidsps -r
liime -r
maxdos -r
sm
-----------------------
(4)システムマネージャーにVz登録
-----------------------
Name;Vz
Path;a:\bin\maxdos.com vz|
-----------------------
(4)ついでにシステムマネージャーにmaxdosも登録しておくとDOS窓が広く使える
-----------------------
Name;maxdos
Path;a:\bin\maxdos.com|
-----------------------

|

« HP200LX;Vzでメモマシン化 | トップページ | HDDアクセスランプが点灯しっ放し! »

HP200LX【廃】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/56598081

この記事へのトラックバック一覧です: HP200LX;Vzをシステムマネージャーから起動:

« HP200LX;Vzでメモマシン化 | トップページ | HDDアクセスランプが点灯しっ放し! »