« WristableGPS SF-310;Nexus7 2012は非対応! | トップページ | MDV-GZ7510SにIEEE1934ポート増設、マルチディスプレー化 »

2014年9月24日 (水)

HDD故障→HDD換装リカバリディスクから出荷状態に戻す。

以前からサポートしていたSY会館の紹介でSM会館のLIFEBOOK AH54/Hの動作が遅いというPCを預かった。
Windows7 HomePremium64bitでメモリーサイズは4GBで充分だ!
クリーンアップとか、テフラグとか、常駐ソフトとか、やってみたが改善しない。

エィ!面倒だと購入時状態に戻すことにした。
このPCは[サポートボタン]→[トラブル解決ナビ]→[リカバリ]→[購入時状態に戻す]から実行できる。
早速、実行したら途中でchkdiskが始まった。
chkdiskは無事終了したが、その後の動作が遅く、そして停止状態になってしまった。
これはHDD故障だ!
預かったPC、仕事に使っている、どうしよう?
取りあえず、自分のHDDを換装してみることにした。
換装すると元のHDDに入っているリカバリ情報が使えない。
リカバリディスクが必要なのだ!
このPCのリカバリディスクの作り方は[スタート]→[すべてのプログラム]→[バックアップナビ]から入る。
幸い、預かったときにやったのだ!
これをやってなかったらWindowsが起動しないので作れず購入しかない、多分1万円位するだろう!
DVDで6枚もある。
BDなら1枚で済んだがこのPCがBD付とは知らなかった。

さて、今度はリカバリディスクからのリカバリだ!
[電源+F12]→[BIOS起動]→[起動デバイス選択]→[CD/DVD/BD起動]でリカバリ開始、順調に完了した。

HDDの中を見ると、何とリカバリ領域20GBが復活、Cドライブ70GB、未割当20GBだ!
元のHDDは750BGの大容量、換装したHDDは120GBではあるが当面は凌げるだろう。

|

« WristableGPS SF-310;Nexus7 2012は非対応! | トップページ | MDV-GZ7510SにIEEE1934ポート増設、マルチディスプレー化 »

PCボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/60392969

この記事へのトラックバック一覧です: HDD故障→HDD換装リカバリディスクから出荷状態に戻す。:

« WristableGPS SF-310;Nexus7 2012は非対応! | トップページ | MDV-GZ7510SにIEEE1934ポート増設、マルチディスプレー化 »