« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

ネットタイムを公式完走時間にする運動;LapTimeGPX

Device20150226101320_2マラソンの公式タイムにネットタイムを採用しようという運動がされている。
昨今、ランナー1万人を超える巨大マラソンではスタートラインに到達するまでに10分以上も要することがあるためだ!
運動の詳細は「ネットタイムを公式完走時間にする会」にある。
それに対応する訳ではないが自分のような鈍足ランナーはネットタイム採用は大歓迎!
決まったわけではないが先取り、自作AndroidアプリLapTimeGPXにスタートライン迄のロスタイムとネットタイム追加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

私のラズベリーパイ

P1030725今、話題の$35シングルボードパソコン、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)
周辺機器を付けてインターネットが見れるようになった。

Raspberry Pi;X起動設定

Raspberry Pi;自動ログイン

Raspberry Pi;バッテリー駆動

Raspberry Pi B+;無線LAN設定

Raspberry Pi;Bluetooth 設定

Raspberry Pi;日本語環境設定

Raspberry Pi;ネットワーク接続

P1030719Raspberry PiでVGAディスプレーを使用する

Paspberry Pi B+ Raspbianインストール

やっぱりRaspberry Pi 購入!

Raspberry Piの本来の用途は制御系ではある。
パソコンで終わってしまっては面白くないよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry Pi X起動設定

Raspberry Piが起動したら自動的にstartxを立ち上げるには、/etc/rc.localファイルに記述を加える。

ここではテキストエデターnanoを使う。

$ sudo nano /etc/rc.local

'exit 0'の直前に'su -l pi -c startx'を追加する

# Print the IP address
 IP=$(hostname -I) || true
if [ "$_IP" ]; then
   printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
fi
su -l pi -c startx
exit 0

nanoを終了する ........ Ctrl +  x
ファイルを保存する .... y
[enter]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry Pi 自動ログイン

Raspberry Pi ログインpi/raspberryを省略するには、/etc/inittabファイルを書き換える。
ここではテキストエデターnanoを使う。

$ sudo nano /etc/inittab

下記を入力する

# 1:2345:respawn:/sbin/getty 38400 tty1
1:2345:respawn:/bin/login -f ユーザ名 tty1 </dev/tty1 >/dev/tty1 2>&1

nanoを終了する ........ Ctrl +  x
ファイルを保存する .... y
[enter]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

Raspberry Pi;バッテリー駆動

折角小さいRaspberry Pi、単三電池を内蔵するバッテリー下記があったのでバッテリー駆動にすることのした。
SANWA SUPPLY USB出力付ポータブルバッテリー電源(ホワイト) BTN-DC2W
これ、幸いなことにスイッチがついているので電源スイッチがないRaspberry Piに丁度いい!

但し、このバッテリーは無線LANアダプターを付けると電力不足で駄目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry Pi B+;無線LAN設定

今度はUSB接続の小型無線LAN子機を使ってRaspberry Pi B+の無線LAN設定だ!
製品は発熱問題がある下記を選んだ!小型で安いから・・・
BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM

設定は簡単なstartxでGUI立ち上げて行った。
1.Menu→設定→WiFi Configuration
2.wpa_gui画面→Manage Networksタブ→Eanabledチェック→Scanボタン
3.Scan results画面→Scan
4.該当SSIDを選択→該当SSID画面→wep keys入力→Addボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

Raspberry Pi;Bluetooth 設定

Raspberry Piにタコ足がいっぱい出ていて邪魔なのでこれから無線化していこうと思う。
先ずはジャンク箱に下記のBluetooth USBアダプターが眠っていたので取り付ける。
PLANEX PS3 Bluetoothコントローラ対応 Bluetooth Ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-MicroEDR1X

今回は、これのBluetoothマウスMicrosoft Bluetooth Notebook Mouse 5000を接続する。

1.Bluetooth関連のパッケージのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install bluetooth bluez-utils blueman

2.Bluetoothドングルの接続確認
インストールが完了したらBluetoothドングルBT-MicroEDR1XをRaspberry Piに接続しlsusbコマンドで接続確認

$ lsusb

Bus 001 Device 015: ID 0a12:0001 Cambridge Silicon Radio, Ltd Bluetooth Dongle (HCI mode)

3.Bluetooth機器のBDアドレスの取得
BluetoothマウスMicrosoft Bluetooth Notebook Mouse 5000を検出可能状態にしてhcitoolコマンドを実行

$ hcitool scan

Scanning ...
    00:22:48:E3:17:19   Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000

4.Bluetooth機器のペアリング

$ sudo bluez-simple-agent hci0 00:22:48:E3:17:19
RequestPinCode

(/org/bluez/9061/hci0/dev_00_22_48_E3_17_19)
Enter PIN Code: 0000
Release
New device (/org/bluez/9061/hci0/dev_00_22_48_E3_17_19)

BluetoothドングルBT-MicroEDR1Xは特にPIN番号の指定がなかったので「0000+Enter」を入力するとペアリング完了

5.Bluetooth機器の自動接続許可

$ sudo bluez-test-device trusted 00:22:48:E3:17:19 yes
$ sudo bluez-test-input connect 00:22:48:E3:17:19

これで毎回手動で接続しないで自動接続

6.Bluetooth機器の再設定
もう一度、Bluetooth機器を再設定しようとすると下記のエラーがでる。
dbus.exceptions.DBusException: org.bluez.Error.AlreadyExists: Already Exists

設定済なので取り外すが必要だ!

$ sudo bluez-test-device remove 00:22:48:E3:17:19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

Raspberry Pi;日本語環境設定

●日本語入力メソッドのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install uim uim-anthy

 終了したら、GUI環境から一旦ログアウト、再起動で日本語入力が可能になる。

●日本語フォントのインストール
文字化けを防ぐためにフォントを追加する。

$ sudo apt-get install xfonts-kaname

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

Raspberry Pi;ネットワーク接続

有線LANは簡単、繋ぐだけでOKだ!

P1030715インターネットもそんなに遅くなくちゃんと映る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry PiでVGAディスプレーを使用する

Raspberry PiにVGAディスプレーを使用しようとHDMI VGA変換コード準備していた。
しかし、これだけではチラット映ってすぐ消えてしまった。
調べてみるとRaspberry PiのSDカードのconfig.txtを修正する必要があるようだ!

Raspberrypisd

修正しようとWindows機にSDカードを差し込んだがBOOTデレクトリーがない!
Windows機では認識しないのかな?
と思い、ubuntu機に突っ込んでみたら表示された。
bootパーテション(画像sda5)にあるconfig.txtを探し出して適当な個所に下記を追記した。 

#HDMI->VGA 1024x768 60 Hz
hdmi_ignore_edid=0xa5000080
hdmi_force_hotplug=1
hdmi_group=2
hdmi_mode=16
hdmi_drive=2

目出度しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

Paspberry Pi B+ Raspbianインストール

P1030712買ったまま放置していたPaspberry Pi B+ にRaspbian OSをインストールした。

1.RaspberryサイトからHDMI用のNOOBS.zipをダウンロード
2.zipファイルを右クリック「すべて展開」後、すべてのファイルをSDカードにコピー
3.Paspberry Pi B+にSDカードを挿入、キーボード、マウス、ディスプレイを接続
4.最後に電源を接続するとLEDのPWRが赤色点灯、SDカードアクセスでACTが緑色点滅、ディスプレィにPaspberryアイコンが現れる
5.しばらくするとインストールするOS選択画面が表示されるのでPaspberryにチェック(スペースキー)でを入れ、Install[i]を入力
6.インストールが完了するとインストール成功ダイアログが現れるのでOK、しばらく待つと自動的に再起動され、インストール後の設定に入る

はずが、異常事態発生!
SDカードのアクセスを継続、再起動されない、
しばらくするとSDカードアクセスも停止!
だんまり状態が継続・・・
VGA HDMI変換のアナログディスプレー原因か?
とテレビのHDMI端子に接続したら再起動開始、設定に入る

Raspberry PiでVGAディスプレーを使用する
これでVGAに表示が可能になる。

7.言語設定
(1)上下キーで「4 Internationnalisation Options」を選択、Enter
(2)「I1 Change Locale」を選択、Enter
(3)言語選択画面になるので「ja_JP.UTF-8 UTF-8」にカーソルを合わせ、スペースキーを押すと*が入る
(4)デフォルト言語が聞かれるので「ja_JP.UTF-8 UTF-8」を選択、Enter
8.タイムゾーン設定
(1)上下キーで「4 Internationnalisation Options」を選択、Enter
(2)「I2 Change Timezone」を選択、Enter
(3)地域選択画面になるので「Asia」を選択、Enter
(4)都市選択画面になるので「Tokyo」を選択、Enter
9.キーボード設定
(1)上下キーで「4 Internationnalisation Options」を選択、Enter
(2)「I3 Change Keyboard Layout」を選択、Enter
(3)キーボード選択画面になるので「Generic 105-key(Intel)PC」を選択、Enter
(4)レイアウト選択画面になるので「Other」を選択、Enter
(5)言語選択画面になるので「Japanese」を選択、Enter
(6)レイアウト選択画面になるので「Japanese-Japanese(OADG 109A)」を選択、Enter
(7)AltGrキーの質問には「The default for the keyboard layout」を選択、Enter
(8)Control+Alt+Backspaceキーの質問には「Yes」を選択、Enter
(9)TABキーでFinish、Enterでコマンドプロンプトpi@raspberrypi ~ $ が表示される
10.以上で設定完了、使ってみる
(1)再起動はsudo reboot
(2)ログインはraspberrypi. login:pi、password:raspberry
(3)シャットダウンはsudo power off
(4)GUI環境Xを起動はstartx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

Nexus7 2012 3GをAndroid5.02にしてしまった!

Nexus7 2012 3GのAndroid5.02化について動作が重くなるとの書込みが見受けられるのでのやめていたが、
システムアップデートの通知がいつまでも表示され、煩いのでとうとうやってしまった。
所要時間約1時間、何処が変わったの?
あれ!売りのマテリアルデザインになってない?
ロック画面、通知機能、マルチタスク、設定が変わってる。
そして、やっぱり重い!

「Android 5 Lollipop」でAndroidはどう変わったか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

Windows10 Technical Preview Build 9926 日本語

新しいブルーレィデバイスを買ったのでWindows10 Technical Preview Build 9926 日本語版のISOをダウンロード、
DVDに焼いてThinkpad X220の余っているmSATAに付けたSSDにクリーンインストールしてみた。

やっぱり日本語は解り易い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nexus7 2012 3GにAndroid5.0.2がやって来た!

P1030707自分のNexus7 2012 3GにようやくAndroid5.0.2がやって来た!
常用しているので不具合があっては困る。
Android5.1も出るようだしどうする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

ブルーレィドライブの選択

今まで使っていたDVDドライブ選択がガタゴト、読み込めなくなった。
この際、ブルーレィドライブにしようとamazonで探すと結構安い!
候補は下記の二つ、
・I-O DATA USBバスパワー対応 ポータブルブルーレイドライブ ピアノブラック BD-U6XL [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)]
・BUFFALO BDXL対応 USB2.0用ポータブルBlu-rayドライブ 書き込みソフト付属 Wケーブル収納タイプ ブラック BRXL-PC6VU2/N

  BD-U6XL BRXL-PC6VU2/N
BD-R書き込み速度 4.5 倍速 6 倍速
USBケーブル給電 シングル ダブル
大きさ・重さ 140x19x147 mm、300 g 145x19x153 mm、340 g

両者の仕様を比較すると明らかにBRXL-PC6VU2/Nが良いが口コミを見るとUSBケーブル給電はダブルケーブルなのに駄目率が高い。
コンパクトが魅力なのでBD-U6XLを選んだ!

結果、Thinkpad X220とのUSB給電OK、ブートもOKでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »