« MVNO SIM IIJ→NifMo | トップページ | Windows10アップグレードを元のOSに戻す »

2015年8月11日 (火)

無償アップグレード版Windows10のプロダクトキーの謎

X220 Windows10 IP Build10240(Windows 10 Insider Preview版をオプトアウトして正式版に)から作成したWindows10のプロダクトキーと
X220 Windows7 Pro 64(Win7からWin10入手でアップグレード)から作成したWindows10のプロダクトキーが同じだという謎を解明しようと

マシンを換えてX201 Windows8.1 Pro 64からもアップグレードしてみた。
あれ、Win7からアップグレードしたときの「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした。」エラーは出ませんね!
すんなりアップグレードができた。
プロダクトキーは、これも同じだ!

調べてみると、一度、アップグレードしたマシンのWindows10クリーンインストールはプロダクトキー入力は不要なのだそうだ!

試しにISOファイルをダウンロードしてクリーンインストールをやってみた。
プロダクトキーの入力を2回求められる。
1度目は「スキップ」、2度目は「後で」をクリックでインストール終了、認証されている。

将来、クリーンインストールする予定のマシンは無償期間1年以内にWindows10アップゲレード経験をさせる必要があるということだ!

|

« MVNO SIM IIJ→NifMo | トップページ | Windows10アップグレードを元のOSに戻す »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/62059883

この記事へのトラックバック一覧です: 無償アップグレード版Windows10のプロダクトキーの謎:

« MVNO SIM IIJ→NifMo | トップページ | Windows10アップグレードを元のOSに戻す »