« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

android studio 1.5の導入

以前にEclipseに替わる新しいandroid開発環境android studioを導入してみたが、Eclipseからの移行がうまくいかず使わなかった。
今回、android studio 1.5がでたというので再挑戦だ!
1.JDKインストール
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/からjdk-8u71-windwos-x64.exeをダウンロード&インストール
次に、環境変数設定を行う。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→システムの詳細設定→環境変数→システム環境変
変数名;JAVE_HOME
変数値;c:/Program Files/Java/jdk1.8.0_71
2.Android SDKインストール
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html#Otherからinstaller_r24.3.4-windows.exeをダウンロード&インストール
3.Android Studio 1.4インストール
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/からandroid-studio-bundle-141.2288178-windows.exeをダウンロード&インストール
途中、android SDKのロケーションの設定が表示されるがとりあえずデフォルトの下記にしておく
C:\Users\ave\AppData\Local\Android
次に、エミュレーターの設定画面でIntel HAXMのメモリ使用量の設定が必要になるが、これもデフォルトの2GBにしておく
4.Android Studio初期設定
初めて起動するとCompllate Installationダイアログが表示されるのが、
これは以前インストールしてあったAndroid Studioから設定をインポート画面なので関係なし、
デフォルトの「I do not have a previous version of Studio・・・」を選択する
5.Android Studio 1.5に更新
(1)"Android Studio"を起動
(2)[Welcome to Android Studio]ダイアログが表示されたら最下部の "Check for updates now." をクリック
(3)アップデートが見つかると以下の[Platform and Plugin Updates]ダイアログが表示されるので[More Info...]をクリック
(4)再度、[Welcome to Android Studio]ダイアログの"Check for updates now." をクリック
(5)[Platform and Plugin Updates]ダイアログが表示されるので[Update and Restart] を押して更新を開始する
(6)更新完了すると[Complete Installation]ダイアログが表示されるので
"I want to import my settings from a previous version"にチェックを入れて[OK]、
[Welcome to Android Studio]ダイアログが表示される

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

X220 ExpressCashe

Expresscashe Thinkpad X220のmSATAにSSDが取付けられる言うのでSSD840EVO mSATA SSD 120GB入手したが使い道を模索中!
はじめ、入手時のTHNSNC128GCSJ SATA SSD 128GBのWindows7のクローンを作ってWindows10にアップグレード、デュアルブートで使おうとしたが、
何回か起動すると起動しなくなってしまうのだ!
クローンをデュアルブートにするとデバイス競合はわかっていたが、別のOSを上書きしてもMBRに何かのこっているのかな?

Cashe それでデュアルブート用途はあきらめてHDDのキャッシュで使ってみることにした。
先ずはMBRを削除する。
ソフトを探したらハードディスク消去ツールwipe-outでMBR削除機能があったので使わせて貰った。
ExpressCacheのインストールすればよいようだがX220 Windows10用が見つからないのでX230用を入れてみた。
エラーのなく完了、キャッシュ領域も32GB確保されている。
ExpressCacheの動作確認は「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」から、
「eccmd.exe -info」と入力すると、ExpressChaceのインストールが正常に完了しているという結果が得られた。

Stop Express Casheの停止は
「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」→「Express Cashe」→「サービス停止」でいいようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thinkpad X220

ThinkPad X220(2014.09.30)

X220_2

Windows9用PCを探していたら掘り出し物が見つかった。
ThinkPad X220だ!
ヤフオクでOSなしを21,000円で落札した。
---------------------
★メーカー: Lenovo
★型式: ThinkPad X220
★寸法: W: 305 × D: 206.5 × H: 26.6
★重量: 1.46Kg
★色: 画像参照
★電源コード: 有り
★その他付属品: 無し
★外観: 擦り傷、使用感:全体的にあり
★CPU: 12.5 Intel Core i5 2520M 2.50GHz
★HHD: 120GB
★メモリー:4GB
★キーボード:英語
★ネットワーク: Wi-Fi
★Bluetooth: 3.0
★OS:  無し
★BIOS: 可
★通電・電源状況: OK
----------------------
X220はThinkPad伝統の7列キーを採用した最後のモバイルPCという事情もあってマニアに評価が高い。
SandyBridge世代のCore i5-2520M(2.5GHz)をベースに12.5型ワイドTFT、公称8.9時間の長時間バッテリー駆動など、モバイルPCとして質実剛健なつくりだ!
Windows7 ProfessionalのProduct keyが付いていたので入れてみたが問題なしだ!
Windows7インストール途中で文字入力が出来ないと思ったら英語キーボードと気付く、半角/全角キーがない、調べたらAlt+'だ!
X220にはmSATAカードか、WWANカードを入れるためのMini PCI Expressスロットがある。HDDかと思っていたらSSDは7mm,120GBがついていた。

更に、OS無しとなっていたがリカバリー領域にWin7 Pro 64ビットが入っていた。

これはデータ用は勿体ないし、mSATAにもSSDを増設しようとしているのでどう使うか問題だ!
メモリーは4GB×1なので空きスロットがあり増設可能だ!

(1)USB3.0を追加(201603.21)
自分の最高級機であるThinkpad X220、古いせいかUSBが2.0なのだ!
先日、HDDの丸ごとコピーでUSB3.0と2.0の速度の違いに思い知らされた。

そんなところにいい品物があった。
AYWS USB3.0 ExpressCard/54スロット エクスプレスカード
X220にはExpressCard/54スロットがあるのだ!
使ってない!
これでX220についているUSB2.0×3とUSB3.0×2になった。

(2)X220用日本語キーボード入手(2014.10.30)
72870948_2 Thinkpad X220のキーボードが英語キーボードだった。
昔、使っていたchandraが英語キーボードだったので「まぁいいか」と使ってみたが、
全角半角の切り替えがAlt+'だ!
括弧キーがない
併用しているX200sやX201が日本語キーボードなのでやっぱり間違ってしまう。

そんな訳で日本語キーボードをヤフオクで入手した。
Thinkpadのキーボードのメーカーは3社ある。

- ALPS CHICONY NMB
日本語 45N2102 45N2172 45N2242
英語 45N2071 45N2141 45N2211

評判のよいNMBの45N2242の中古を2,650円で落札した。

英語から日本語への切替は 「デバイス マネージャー」から「ドライバの更新」をすればよい。

詳細はこちら

 

(3)mSATAカード(2014.10.01)

X220にはmSATAカードかWWANカードを入れることができる。
ここにmSATA SSDを増設、デュアルドライブ化、SSDにOS,HDDにデータを入れるのだ!

mSATA SSDは下記を購入増設した。
日本サムスン正規品 Samsung SSD840EVO mSATA120GB MZ-MTE120B/IT

これの取り付けは分解が必要だ!
分解とSSD接続はここを参照させて貰った。
http://ykr.ykr414.com/2012/07/04/thinkpad-x230-review-07/

更に、メモリーはSAMSUNG 4GB PC3-10600Sが付いておりメモリースロットが空いていたので余っていたellxir 2GB PC3-10600Sを増設、これで合計6BGだ!

(4)SSDのchkdsk多発!HDDに(2015.08.04)
最近、SSDのchkdskが起動の度に多発するようになった!
データはクラウドの保存、OSはクリーンインストールするのでいいやと思っていたが、
Windows10はディスクがないので心配になってきた。

これまでSSD派だったがHDDに転向だ!

【HITACHI】2.5インチ7200回転 SATA内蔵HDD500GB 7mm HTS725050A7E630 NTT-X Store \5,990を購入
Thinkpad220 SSD840EVO mSATA SSD 120GBを
Easeus Disk Copyで丸ごとコピーしたので余りの領域が未割当になってしまった。
・システムで予約済;350MB
・Cドライブ;110GB
・回復パーティション;508GB
・回復パーティション;450GB
・未割当;355GB
これを未割当を加算してCドライブ;465GBにしたいが回復パーティションが邪魔で拡張できない。


回復パーティションの削除
1.「コマンドプロンプト(管理者)」をクリック
2.「diskpart」を入力
3.「list disk」を入力し、削除するディスクのディスク番号を確認
4.「select disk 0」(0は上で確認したディスク番号)を入力
5.「list partition」を入力し、削除するパーティションの番号を確認
6.「select partition 6」(6は上で確認したパーティション番号)を入力
7.指定した番号が間違いないことを確認し「delete partition override」を入力

(5)ExpressCashe(2016.01.24)

Expresscashe Thinkpad X220のmSATAにSSDが取付けられる言うのでSSD840EVO mSATA SSD 120GB入手したが使い道を模索中!
はじめ、入手時のTHNSNC128GCSJ SATA SSD 128GBのWindows7のクローンを作ってWindows10にアップグレード、デュアルブートで使おうとしたが、
何回か起動すると起動しなくなってしまうのだ!
クローンをデュアルブートにするとデバイス競合はわかっていたが、別のOSを上書きしてもMBRに何かのこっているのかな?

それでデュアルブート用途はあきらめてHDDのキャッシュで使ってみることにした。

先ずはMBRを削除する。

ソフトを探したらハードディスク消去ツールwipe-outでMBR削除機能があったので使わせて貰った。

Cashe ExpressCacheのインストールすればよいようだがX220 Windows10用が見つからないのでX230用を入れてみた。
エラーのなく完了、キャッシュ領域も32GB確保されている。
ExpressCacheの動作確認は「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」から、
「eccmd.exe -info」と入力すると、ExpressChaceのインストールが正常に完了しているという結果が得られた。

 

Stop

Express Casheの停止は
「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」→「Express Cashe」→「サービス停止」でいいようだ。







 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

起動時のSkype常駐解除

PC起動待ちの最後が常駐のSkypeだ!

SkypeはMicrosoft傘下になってから常駐するようになったようだ!

たまに使うけど常駐していると非常に邪魔、それでこれを解除することにした。

「Skypeを起動」→「ツール」→「コンピュータ起動時にSkype起動」のチェックを外す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

迷惑ソフトRegistry Reviver

昨年末、PCサークルのNさんから下記のメールを貰った。

この頃パソコンを開くと必ずRegistry Reviverの画面が出て288個のレジストリー関連の潜在的問題点が検出されました。
 ・ すぐ購入 ・ というのが出て来ていつも無視して×をクリックしてますが、他の方も皆さんでているのでしょうか?

これに対して下記の返信をしておいた。

これですよね!(下のURLをクリック)
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/registry-reviver.htm
有名な迷惑ソフト(偽の情報を表示してソフトを購入させる)です。
絶対に購入しないで下さい。
右上の閉じる(×)ボタンで終了できるなら、そのまま使っていて下さい。
次回のサークルで治します。

そして今日、PCを見せて貰ったらPC起動時に必ずRegistry Reviverが現れる。
「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」を見てみたらRegistry Reviverがあったのでアンインストールしたら出なくなりました。

この種のソフトはフリーソフトにくっついて来るのでインストールの時のは注意しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

GIFアニメ画像をFacebookに埋め込む

このブログはHTMLで<iframe>を使えば下記で表示される。




それがGIFアニメ画像に対応しとたとのことでやってみた。

Facebook_3

先ず、GIFアニメ画像ファイルをサーバーにアップロード

そして、GIFアニメ画像ファイルをFacebookのカメラアイコンから画像挿入、これだと静止画になってしまう

ところがFacebookはHTMLが使えないので<iframe>では駄目なのだ!

それではと、その画像のリンクをFacebookのメッセージ欄に

http://homepage1.nifty.com/ave/izumi/yamatesen/yamatesen.gif

を貼り付けると自動的にGIFアニメが動き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »