« 起動時のSkype常駐解除 | トップページ | android studio 1.5の導入 »

2016年1月24日 (日)

X220 ExpressCashe

Expresscashe Thinkpad X220のmSATAにSSDが取付けられる言うのでSSD840EVO mSATA SSD 120GB入手したが使い道を模索中!
はじめ、入手時のTHNSNC128GCSJ SATA SSD 128GBのWindows7のクローンを作ってWindows10にアップグレード、デュアルブートで使おうとしたが、
何回か起動すると起動しなくなってしまうのだ!
クローンをデュアルブートにするとデバイス競合はわかっていたが、別のOSを上書きしてもMBRに何かのこっているのかな?

Cashe それでデュアルブート用途はあきらめてHDDのキャッシュで使ってみることにした。
先ずはMBRを削除する。
ソフトを探したらハードディスク消去ツールwipe-outでMBR削除機能があったので使わせて貰った。
ExpressCacheのインストールすればよいようだがX220 Windows10用が見つからないのでX230用を入れてみた。
エラーのなく完了、キャッシュ領域も32GB確保されている。
ExpressCacheの動作確認は「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」から、
「eccmd.exe -info」と入力すると、ExpressChaceのインストールが正常に完了しているという結果が得られた。

Stop Express Casheの停止は
「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」→「Express Cashe」→「サービス停止」でいいようだ。

|

« 起動時のSkype常駐解除 | トップページ | android studio 1.5の導入 »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/63112038

この記事へのトラックバック一覧です: X220 ExpressCashe:

« 起動時のSkype常駐解除 | トップページ | android studio 1.5の導入 »