« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

Raspbian Wheezy のIPアドレス固定化

Raspberry Piラジオをスマホリモコンで使っているが時々呼び出しのhttp://192.168.x.xが変動する。
そのために、その都度IPアドレスを確認する必要があるのだ!
$ ip a
そこでIPアドレスを固定することにした。
現在のIPアドレスは192.168.x.x、このxを固定化する。
Ip 自宅のルーターはNEC Aterm WR8160N STモデル、http://192.168.0.1でこれの管理画面を表示する。
--------------
ユーザー;admin
パスワード;xxxxx
--------------
表示されたトップ画面の詳細設定→LAN側設定で下記を確認する、
・IPアドレス:192.168.x.1
・ネットマスク:255.255.255.0
・アドレス割当パターン:自動指定
・割当先頭アドレス:(指定なし)
・割当数:32
上記はIPアドレスが次のように割当てられているということなので
・192.168.x.0:ネットワークアドレス
・192.168.x.1:ルーターのIPアドレス
・192.168.x.2~192.168.x.33:DHCPにより割当てられたIPアドレス32個
・192.168.x.34~192.168.x.254:固定IPアドレスとして利用可能アドレス
・192.168.x.255:ブロードキャストアドレス
固定するIPアドレスは192.168.x.34~192.168.x.254の中から192.168.x.100にした。
ここで注意Raspbianのバージョンによって設定方法が違うのでバージョン確認をする。
結果はWheezy、この場合/etc/network/interfacesを開く
(Raspbian Jessieの場合は/etc/dhcpcd.conf)
$ sudo nano  /etc/network/interfaces
このファイルの赤字部分を修正する。
auto lo
iface lo inet loopback
# iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static

address 192.168.x.100
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.x.1

allow-hotplug wlan0
# iface wlan0 inet manual
iface wlan0 inet static

address 192.168.x.100
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.x.1

# wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

iface default inet dhcp
nanoを閉じる:ctrl+x
保存:y
再起動:sudo reboot
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspbianのテキストエディタはleafpadでいい!

Raspberry PiのRaspbianで今までnanoを使っていたが
日本語が使えない
コピー&ペーストができない
などと不便を感じていた。
そんな時にデフォルトでスタートメニューに入っているテキストエディタ、
これ、何?と調べてみたらleafpad
端末で使える。
日本語もコピー&ペーストもできる。
これでいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

Raspbianのバージョン確認

現在、RaspbianにはwheezyとJessieのふたつのバージョンがあるようだ!
自分のはどっちだ!
lsb_releaseをインストールしてバージョンを確認する。
$ sudo apt-get install lsb-release
lsb_release コマンドを -a オプションを付けて実行すると、コードネームを含めて確認できる。
$ lsb_release -a
結果は古いwheezyだった。
No LSB modules are available.
Distributor ID: Debian
Description:    Debian GNU/Linux 7.8 (wheezy)
Release:        7.8
Codename:       wheezy
あとでバージョンアップしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

ADSLが電話着信で切れる!

自宅LANは、まだADSL12Mです。
以前から電話着信で切れます。
現在の接続は
1階モジュラージャック→電話
2階モジュラージャック→モデム

これがいけないようだ!
 
改善は
1階モジュラージャックだけにしてスプリッターで分岐、電話とモデムを接続
すればよいとお思いながら2階のPCに無線が届かなくなるのが嫌でやらなかった。
最近1階でテレビをLAN接続したくなったりスマホを使ったりするので今日大工事を決行した。
 
さあ!結果はどうでしょう!
2階PCへの無線LANはまあまあ届いている。
あとは電話着信で切れるかしばらく様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

Raspberry Pi ラジオ;スマホリモコン対応

P1000506

 
でイヤフォンで聞いていたが、ラジオを繋がっていて動けない!
Bluetoothイヤフォンにしたら何処にでも行けるようになった。
ところが一日中なのでBluetoothイヤフォンのバッテリーがなくなくのだ!
 
今度は

これでいい!
 
しかし、SDカードの抜き差しで選局というのはやっぱり使い難い!
それでapacheとphpを利用してスマホリモコンをつくることにした。
 
1.先ず、play_nhk-radio.shとplay_radiko.shをルートデレクトリーに置くことにした
/home/pi/rajio/から/usr/bin/へコピーする
$sudo cp /home/pi/rajio/play_nhk-radio.sh /usr/bin/play_nhk-radio.sh
$sudo cp /home/pi/rajio/play_radiko.sh /usr/bin/play_radiko.sh

2.バーミッションを忘れずに
$sudo chmod 755 /usr/bin/play_nhk-radio.sh
$sudo chmod 755 /usr/bin/play_radiko.sh

3.ここから本題、apacheとphpをダウンロード&インストール
$sudo apt-get install apache2 php5
$sudo reboot

4.apatch2のデフォルトのユーザー名である「www-data」を「audio」グループに追加する
$sudo usermod -G www-data,audio www-data

5.IPアドレスを調べる
ip a
表示された値の中にinet「192.168.x.x」がIPアドレスなので試しにスマホのブラウザに「http://192.168.x.x/」を入力して「It works!・・・・・」が表示されればOK
これはRaspberry PiにインストールしたApacheのドキュメントルートである「 /var/www/index.html 」のファイルが表示されている

6./var/www/index.htmlを修正して試しに/home/pi/blueblocks/test.mp3ファイルが鳴らすindex.phpをつくる
index.phpをnanoで開き
$sudo nano /var/www/index.php
下記を入力する
<?php
exec("mplayer /home/pi/blueblocks/test.mp3");
?>
これがスマホの「http://192.168.x.x/」から鳴ればOK

7.次にTBS放送を鳴らすindex.phpをつくってみる
index.phpをnanoで開き
$sudo nano /var/www/index.php
下記を入力する
<?php
exec("play_radiko.sh TBS");
?>
 
これもスマホの「http://192.168.x.x/」から鳴るはずだが鳴らない!
/var/log/apache2/error.logをみたら
/home/pi/radio//auth1_fms_xxxx: Parmission denied
どうやら/home/pi/radio/に書き込めないと言っているようなのでバーミッションを「すべて」にしたら鳴った!

8.テストOKなので選局のためのindex.phpをつくる
nanoが日本語非対応なのでleafpadを使う
$sudo leafpad /var/www/index.php
下記を入力する
<meta charset="UTF-8" />を入れないと日本語が文字化けする
<?php
if(isset($_GET['id'])){
$id=$_GET['id'];
exec("killall mplayer");
if($id=="stop")exec("killall mplayer");
if($id=="1")exec("play_nhk-radio.sh r1");
if($id=="2")exec("play_nhk-radio.sh r2");
if($id=="3")exec("play_nhk-radio.sh fm");
if($id=="4")exec("play_radiko.sh TBS");
if($id=="5")exec("play_radiko.sh QRR");
if($id=="6")exec("play_radiko.sh LFR");
if($id=="7")exec("play_radiko.sh JORF");
if($id=="8")exec("play_radiko.sh INT");
if($id=="9")exec("play_radiko.sh FMT");
if($id=="10")exec("play_radiko.sh FMJ");
if($id=="11")exec("play_radiko.sh BAYFM78");
if($id=="12")exec("play_radiko.sh NACK5");
if($id=="13")exec("play_radiko.sh YFM");
}
?>
<html>
<head>
<title>Raspberry Pi Radio</title>
<meta name="viewport" content="width=device-width">
<meta charset="UTF-8" />
</head>
<body bgcolor="white" link="white" alink="yellow" vlink="white">
<center>
<table style="color:white" border="8" cellspacing="1" cellpadding="5">
<tr bgcolor="red">
<th>
Raspberry Pi Radio
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=1">NHK第一</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=2">NHK第二</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=3">NHK FM</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=4">TBSラジオ</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=5">文化放送</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=6">ニッポン放送</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=7">ラジオ日本</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=8">InterFM897</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=9">TOKTO FM</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=10">J-WAVE</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=11">bayfm78</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=12">NACK5</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="black">
<th>
<a href="index.php?id=13">FMヨコハマ</a>
</th>
</tr>
<tr bgcolor="blue">
<th>
<a href="index.php?id="stop">STOP</a>
</th>
</tr>
</table>
</center>
</body>
</html>
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

Windows10アップグレード非対応機種が遣られた!

SM会館のWindows10アップグレード非対応機種LIFEBOOK AH54/Hが勝手にWindows10アップグレードが始まり30%段階の再起動が動作せず、トラブル解決ナビが起動、トラブル解決ナビでも解決できずここでループする問題が発生した。
これが二度目だ!
一度目はやむなくリカバリーディスクからWindows7出荷状態に戻した。
今回は苦労してWindows7に戻しても、またこのMicrosoftの無償サービス被害に遭うのが嫌なのでWindows10アップグレードに挑戦した。
トラブル解決ナビが終了しないのでPC電源を強制シャットダウンして、再び電源ONでF12で起動ドライブをみたらHDDの他にWindows Boot Managerというのがあった。
・HDDから起動するとWindows7が起動してトラブル解決ナビで無限ループ
・Windows Boot Managerから起動するとWindows10のアップゲレードを再開

75%段階の再起動でもトラブル解決ナビしたので強制シャットダウンでWindows Boot Managerから起動してWindows10のアップゲレードを終了した。
これでPCシャットダウン後、再び電源ONしたらWindows7が起動してトラブル解決ナビで無限ループに入ったのでF2起動デバイス切替でHDDの前にWindows Boot Managerを持って来たらWindows10が動作するようになった。
これで様子見をすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

DT-H30/U2;ヤフオク出店が病み付きに!

Alls ヤフオク出店が病み付きになってきた!
身の回りにがらくたがいっぱいある。
しかし、ヤフオクの出店状況を見ると自分の価値と世間の価値が違いを知らされる。
今回はBUFFALO USB用 地デジチューナー DT-H30/U2だ!
この商品、WindowsXP/Vista/7の32ビット対応で64ビットでは動作しない。
それに自宅の電波状態が悪く映像がモザイク状態で映らない。
パソコンはWindows10に移行、Windows7用の需要はないだろうとヤフオクを見てみたら3,000円の落札実績があったので出店することにした。
----------------------------------------
BUFFALOの USB2.0用 地デジチューナー DT-H30/U2 商品箱付、購入時の商品一式、送料は無料です。
商品詳細は下記を確認願います。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/chideji/dt-h30_u2/
2008年5月購入、2~3度使いましたがアンテナを引くのが面倒で使わなくなり保管したままでした。
今回、改めてWindows7(32ビット)で動作確認をしましたが音声は出ますが映像がモザイク状態です。
テスト環境のアンテナレベルは75と低いためのような気がしますが不明のためジャンク扱いとします。
商品リスト
・DT-H30/U2本体
・横置き用ゴム足シール(本体に取付済)
・横置き用スタンド
・USBケーブル
・ユーテルティCD
・B-CASカード
・ユーザースマニアル
・商品箱
---------------------
(追記)
結果は落札2,000-手数料160-送料691=1,149円だ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DC-1S ヤフオク出店第二弾

All ヤフオク出店第二弾、見た目恰好が良く、多機能、発売時10万円以上したので手が出なかったDS-1Sだ!
のちに、中古を買って一度だけ使っが、バッテリーがガム電池ですぐ消耗、面倒なので保管したまま、まったく使わなかった。
-----------------------
2009年の歴史的カメラ10機種に選定された RICHO DC-1 の改良機 DC-1Sです。
身の回り整理のために取り出してみましたが捨てるに惜しいのでコレクションに欲しい方に送料+手数料程度でお譲りしたいと思います。
電池消耗でテストをしてませんが多分動作すると思いますが、未テストなのでジャンク扱いと致します。
JCII 日本カメラ財団が2009年の「歴史的カメラ」10機種を選定
http://www.jcii-cameramuseum.jp/museum/historicalc/2009.html
Lcd DC-1S 仕様 http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/dc/past/dc/1s/
商品リスト
・DC-1S(カメラ本体)
・SR41x2個(DC-1S用ボタン電池消耗)
・SRAMカード8MB
・DB-1Sx3個(DC-1S用ニッカド電池欠品)
・DC-1S使用説明書
・DP-1(再生アダプター)
・DR-1Sリモートコントローラ
・CR2025(DR-1Sボタン電池消耗)
・DU-1 for Windows(情報取り込みソフト)
・DU-1 for Windows操作説明書
・DU-1 for Macintosh(情報取り込みソフト)
・DU-1 for Macintosh操作説明書
・DM-1(液晶モニター)
・DB-1Lx3個(DM-1用ニッカド電池欠品)
・DM-1使用説明書
・AC-1(ACアダプター/チャジャー)
・AC-1取扱説明書
(追記)
結果は落札1,500-手数料100-送料1,000=340円だ!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

Rapsberry Piラジオにスピーカーを付けた

P1000438

Rapsberry Piラジオ、やっぱりスピーカーが欲しい!
ジャンク箱を探したら貰ったデスクトップ用のスピーカーがあった。
電源供給が必要、6Vだ!
これもジャンク箱、あった。
接続したら鳴った!と思ったら切れた!
スピーカーのACコネクタに触ると鳴る!切れる!
接触不良と思いシリコーンスプレーを吹き付けたら治った。

【使用方法】
1.放送選局:放送局毎のSDカードを選択してRaspberryPiに挿入

MicroSD 放送局
Transcend32GBclase10 Xwindow
Transcend8GBclase4 NHK第一
Transcend8GBclase4 TBS
無印8GBclase2 FMヨコハマ

2.ラジオON:RaspberryPiとスピーカーのACアダプターをコンセントに接続、RaspberryPiが起動して1分後に鳴りだす

3.音声調整:スピーカーのボリューム

4.音声ON・OFF:スピーカーのスイッチ

5.選局は一旦RaspberryPi電源OFF後、SDカードを交換して再起動

6.ラジオOFF:RaspberryPiとスピーカーのACアダプターをコンセントから外す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

Raspberry Piラジオを作る

自宅でラジオの電波状況が悪い。
それでインターネットラジオを物色した。
見つけたのがこれだ!

ところがradikoに対応してないようだ!
PLANEX MZK-WDPR-R01

それでRaspberry Piが遊んでいるので、それを使って作ることにした。

3.無線LAN設定、有線LANなら不要
4.Bluetoothイヤフォン使用ならBluetooth 設定
5.サウンドの出力先設定(HDMI端子と本体音声端子)
6.次にラジオに必要なmplayerとrtmpdumpをインストール
・mplayer:SHOUTcast, simulradio.jp, radiko, らじる★らじるの再生に使用
・rtmpdump:radiko.jp、らじる★らじるの受信に使用
・他に:swftools, libxml2-utils
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mplayer
$ sudo apt-get install rtmpdump swftools libxml2-utils
 
7.受信用スクリプト保存場所設定
ここでは/home/piに作るとして、piフォルダを開き、何もないところで右クリック→新規作成→radioと入力

8.更に、ここhttps://gist.github.com/ihsoy-s/5292735からダウンロード(右端Raw→歯車→別名保存)して/home/pi/radioに置く
・play_radiko.sh:radiko.jp受信用のスクリプト
・play_nhk-radio.sh:らじる★らじる受信用のスクリプト

 
9./home/pi/radio/play_nhk-radio.shはテキストエデターnanoを使ってを開き
$ sudo nano /home/pi/radio/play_nhk-radio.sh

outdirを指定する
# parameter setting
#
pid=$$
date=`date '+%Y-%m-%d-%H:%M'`
playerurl=http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf
# outdir="${XDG_CACHE_HOME}/radio/"
outdir="/home/pi/radio/"

playerfile="${outdir}/player.swf"
keyfile="${outdir}/authkey.png"
auth1_fms_file="${outdir}/auth1_fms_${pid}"
auth2_fms_file="${outdir}/auth2_fms_${pid}"
channel_file="${outdir}/${channel}.xml"
mkdir -p ${outdir}

nanoを終了する ........ Ctrl +  x
ファイルを保存する .... y(yes/no)
[enter]

 
10.これで準備完了、下記をターミナルに入力して聞いてみる
/home/pi/radio/play_nhk-radio.sh r1 NHK ラジオ第一
/home/pi/radio/play_nhk-radio.sh r2 NHK ラジオ第二
/home/pi/radio/play_nhk-radio.sh fm NHK FM
/home/pi/radio/play_radiko.sh TBS TBS
/home/pi/radio/play_radiko.sh QRR 文化放送
/home/pi/radio/play_radiko.sh LFR ニッポン放送
/home/pi/radio/play_radiko.sh JORF ラジオ日本
/home/pi/radio/play_radiko.sh INT Inter FM
/home/pi/radio/play_radiko.sh FMT Tokyo FM
/home/pi/radio/play_radiko.sh FMJ J-WAVE
/home/pi/radio/play_radiko.sh BAYFM78 Bayfm
/home/pi/radio/play_radiko.sh NACK5 FM NACK5
/home/pi/radio/play_radiko.sh YFM Fm yokohama

P1000430_211 .最後にRaspberry Piにはスイッチがないので電源ON(バッテリーのスイッチ)でラジオが鳴るようにする
ここでもテキストエデターnanoを使って/etc/rc.localファイルを開き
$ sudo nano /etc/rc.local

'exit 0'の直前に'/home/pi/radio/play_nhk-radio.sh r1'を追加する
# Print the IP address
  IP=$(hostname -I) || true
if [ "$_IP" ]; then
   printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
fi
play_nhk-radio.sh r1
exit 0
nanoを終了する ........ Ctrl +  x
ファイルを保存する .... y(yes/no)
[enter]

12.ラジオを切るのも電源OFFだ!

 
13.これでNHK第一を聞くためのSDカードが完成、他の放送を聞くときはこれを修正するか、数枚の放送毎のSDカードを作る
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Raspberry Piサウンドの出力先変更

Raspberry Piの音声出力は、HDMIケーブルからの出力と
本体の音声ラインからの出力(ステレオ・ミニ・ジャック)の2系統ある。

サウンドの出力先変更は、
$ sudo amixer cset numid=3 1(本体のラインへ出力)
$ sudo amixer cset numid=3 2(HDMI端子へ出力)
※一度実行すれば、再起動後もその設定が有効となる。

サウンドの再生確認は、
$ aplay /usr/share/sounds/alsa/Front_Center.wav
を実行すると女性の声「???」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

X230 Windows10 SDカード リーダー

今更ですが、X230をWindows10にしたらSDカードが認識されないのに気付いた!
richo secure digital host controller r5c841のようなので探して入れたらOKだった。

成功したと思っっていたが、再び認識しなくなった。
何度やっても駄目・・・

BIOSがv2,02と非常に古いのでv2.66にアップデート
 
これでも駄目だ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »