« Raspbian Wheezy のIPアドレス固定化 | トップページ | 非対称機種LS550/Eが勝手にWindows10になりかけた! »

2016年6月 4日 (土)

アップグレード非対象のBIBLO NF/70NをWindows10に

ふじさんからBIBLO NF/70N Windows7 32ビット メモリー3GB HDD500GBのWindows10へのアップグレードを頼まれた。
本機はWindows10サポート対象機種ではないので手持ちにHDD500GBにWindows7のクローンを作ってやってみることにした。

クローンHDDの作成はEaaseus Todo Backupを使っがOperating Syste Not Founfで起動しない。
MBRが作られていないようだ!
今度はEaseus Disk Copyでクローンをつくってら起動した。
次に、念のためWindows7を最新にしようとWindows Updateを起動したら「C1900101-20017が不明なエラーが発生しました」でWindows Updateが動作しない!
このエラー、古いHDDからの交換時に発生とのことだ!
元のHDDを見たらAFマークがない!
クローンHDDはAFTなのだ!
そこでAFT HDD用のドライバーIRST: インテルラピッド・ストレージ・テクノロジー をダウンロード、しようとしたらダウンロードもできず、別マシンでダウンロード&インストール、Windows UpdateもダウンロードOKだ!
ここからが本題、Windows10入手アイコンからアップグレードを始めたらダウンロード終了、インストールの準備あたりWindows7に戻ってしまった。
常時安全セキュリティ24を無効にしても駄目だ!
今度はWindows10アップグレードメディアを作成してアップグレードを試みたら目出度くWindows10になった。

異常はシャットダウンで電源OFFにならない、コントロールパネル→電源オプション→高速起動OFFで治った。

もうひとつ問題、時々「IME無効」で文字入力ができなくなる障害があるようだ!
コマンドプロンプトから下記を入力するとIMEが起動した。
----------------------------
\ sc config AeLookupSvc type= own
\ ctfmon.exe
----------------------------

動作は遅い、32ビット、メモリー3GBじゃしょうがないか。

|

« Raspbian Wheezy のIPアドレス固定化 | トップページ | 非対称機種LS550/Eが勝手にWindows10になりかけた! »

PCボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/63728320

この記事へのトラックバック一覧です: アップグレード非対象のBIBLO NF/70NをWindows10に:

« Raspbian Wheezy のIPアドレス固定化 | トップページ | 非対称機種LS550/Eが勝手にWindows10になりかけた! »