« Windows10 SendToフォルダの場所 | トップページ | 迷惑ソフトWinZip Driver Updater »

2016年8月28日 (日)

Windows10 Anniversaryの新機能「接続」を試す

Img_20160828_120054
Windows10 Anniversary1607の新機能で唯一使えそうなのが「接続」だ!
これは「接続」アプリを起動するとこちらのディスプレーをクライアントとして使えるというもの。
1.先ずクライアントになるPCの「接続」を起動する
ここで私のX230は「このデバイスでは、ハードウェアがワイヤレス プロジェクション用として設計されていないため、コンテンツの表示に問題が生じる可能性があります。」と表示されたが無視
2.次にホスト側PCの[設定]→[デバイス]→[接続中のデバイス]
または通知領域の[通知アイコン]→[接続]→[アクションセンター]
でクライアント側PCが表示されるでクリックするとクライアント側ディスプレーにホスト側画面が表示された。
 
うん、何かに使えるかな?

|

« Windows10 SendToフォルダの場所 | トップページ | 迷惑ソフトWinZip Driver Updater »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/64123002

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10 Anniversaryの新機能「接続」を試す:

« Windows10 SendToフォルダの場所 | トップページ | 迷惑ソフトWinZip Driver Updater »