« メッセージボードを1616BBSへ移行 | トップページ | HDDの初期化、MBRとGPTの違い »

2016年9月18日 (日)

USBデバイスの取り外しのワンクリックショートカットをつくる

Photo
 
なんて恐ろしいレポートがあるので「安全な取り外し」をやることにしたが結構面倒だ!
 
ハードウェアの安全な取り外しアプレットである「hotplug.dll」を利用するWindows 10ミニTipsがあったので真似る。
1.デスクトップの何もないところを右クリック、「新規作成」→「ショートカット」と順にクリック
2.ショートカットの作成画面の参照に「rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll」と入力し、「次へ」
3.次の画面のテキストボックスに任意の名前「RemovalUSN」を入力し、「完了」
4.このショートカットファイルをダブルクリックで実行すると、「ハードウェアの安全な取り外し」ダイアログが起動し、PCに接続している取り外し可能なデバイスの一覧が現れる
 
ついでにショートカットファイルのアイコン変更も紹介しよう。
1.ショートカットファイルを右クリック、「プロパティ」をクリック
2.「ショートカット」タブで、そのまま「アイコンの変更」ボタンをクリック
3.参照に「%windir%\System32\hotplug.dll」と入力するとアイコンの一覧が表示されるので好みのアイコンを選択する
 

|

« メッセージボードを1616BBSへ移行 | トップページ | HDDの初期化、MBRとGPTの違い »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/64219506

この記事へのトラックバック一覧です: USBデバイスの取り外しのワンクリックショートカットをつくる:

« メッセージボードを1616BBSへ移行 | トップページ | HDDの初期化、MBRとGPTの違い »