« Windows起動が従来のBIOSか、UEFIか確認する方法 | トップページ | SF-310計測中にシステムリセット »

2016年11月 6日 (日)

Rimex OS for PCを試す

Androidアプリをマルチウィンドウで利用できるというRemix OS for PCがある。
試したのはandroid6.0ベースのRemix OS 3.0.206 (64-bit)でX230にインストールした。
インストール方法は
1.デュアルブート環境でインストール
2.クリーンインストール
とあるが、デュアルブート環境の方が付属のツールで簡単にインストールできるようだし、アンインストールも[コントロールパネル]の[プログラムと機能]からできるというのでこちらを選んだ。

1.先ず、X230のWindowsが64-bitなのでRemix OS 3.0.206 (64-bit)をダウンロード
2.ダウンロードしたRemix_OS_for_PC_Android_M_64bit_B2016101201.zipを解凍
3.この中にあるRemix_OS_for_PC_Installation_Tool-B201680802.exeをダブルクリックして起動
4.下記を設定して[OK]
・ISO File:「Remix_OS_for_PC_Android_M_64bit_B2016101201.iso」
・タイプ:「ハードディスク」、
・ドライブ:「C:\」
5.System sizeはHDDに余裕があったので推奨32GBを選択[OK]
6.インストール完了~今すぐ再起動をクリックですると、再起動後にOSの選択画面が表示される
7.Remix OSを選択すると起動が始まります(初回起動時は時間がかかるのでしばらく待つ)
8.Remix OSのロゴが表示されたあと少し待つと初期設定のウィザードへ
9.ここでは日本語は選べないのでとりあえずEnglishを選択する
10.途中でインストールするアプリを選ぶ画面が表示されるが後でインストールすることにしてスキップ
11.初期設定が完了するとホーム画面が表示される
12.次に日本語化、Settings(設定)を開き、「Language & input」をタップ
13.上部の「Language」をタップし、下の方にある「日本語」を選択、これで表示が日本語になる
14.次に入力の日本語化、「Google Playストア」から「google日本語入力」と「日本語106/109キーボードレイアウト」インストール
(Google Playアカウント登録でメールアドレスの入力で日本語キーボードなので[@]がない→調べたら["])
15.Settings(設定)を開き下記設定をする
・現在のキーボード:「google日本語入力」
・物理キーボード:「AT Translated Set 2 keybord」
・キーボード:「日本語109A配列」

Remix

これはいい!マルチウィンドウ表示、ウィンドウ拡大・縮小も自由自在だ!

アップデートもOTAから可能、「System update」を起動する。


自作アプリすべて動作
携帯潮汐改
携帯潮汐Ⅳ
潮汐ワイド改
潮汐ワイドⅣ(画像背景全画面)
LapTimeGPX for Marathon(画像左)
KoKoDoKo.日の出・月の出(画像中)
Blog Launcher(画像右)


ところが問題発生!

最近のスマホはハードメニューキーがないものが多いがソフトキーがある。
 

RemixOSにはハードキーもソフトキーもなくメニューが開けないのだ!
それでandroid4.0に上げてアクションメニューを使うように改良した。

Kokodoko1 Kokodoko2

Laptime1
Laptime2

Remix OS アップデート

現在バージョン3.0.206、System Updateアプリで[チェック]ボタンを押したら3.0.207が来ていた。
早速13.46MBダウンロード、[再起動してインストール]ボタンを押したら自動的に再起動してインストールが始まった。
終わるとアプリの最適化が続いて終了した。
まさしくandroidと動作がおんなじだ!(あたりまえ)
ありゃ、デスクトップにあったアプリアイコンがなくなっていると思ったらMy appsには残っていた。

Remix OS専用機
これまではWindowsとの共存、起動が遅いとか、選択が必要だとか、面倒なのでクリーンインストールでRemix OS専用機にしようとやってみた。

1.予め、インストールするHDDはGPartedでext4でフォーマット、ブートフラグをつけておく
2.先ず、X230のWindowsが64-bitなのでRemix OS 3.0.206 (64-bit)をダウンロード して解凍
3.このなかにあるispファイルをWin32 Disk Imagerを使ってUSBメモリーに書き込む
4.これをインストールしたいPCに差し込んでブート起動
5.ここで画面が表示されてから3秒以内に「TAB」キーを押す
6.次の画面で既に起動コマンドが表示されているので
これを
/Kernel initrd=/initrd.img root=/dev/ram0 androidroot.hardware=remix_x86 and roidroot.selinux=permissive quiet SRC= DATA= CREATE_DATA_IMG=1
これに
/Kernel initrd=/initrd.img root=/dev/ram0 androidroot.hardware=remix_x86 and roidroot.selinux=permissive quiet INSTALL=1 DEBUG=
書き換える。
(英語キーボード配列なので「=」は「~^へ」キー)
7.インストールするストレージを選択
8.ブートローダーGRLUBを書き込む「Yes」
9.ブートローダーGRLUB2はシングル起動なので書き込まない「Skip」
10.ストレージへの書き込みを許可するかの確認Yes
11.RemixOSのインストールが完了したら「Reboot」を選択して「OK」

これで自動的にRemixが起動されるはずが、ブートデバイス選択画面が表示されてしまう。
ブートの設定がまずいようだ!

うまくいかん!



 

|

« Windows起動が従来のBIOSか、UEFIか確認する方法 | トップページ | SF-310計測中にシステムリセット »

Android/Chrome」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112439/65401241

この記事へのトラックバック一覧です: Rimex OS for PCを試す:

« Windows起動が従来のBIOSか、UEFIか確認する方法 | トップページ | SF-310計測中にシステムリセット »