« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

Remix OSのクリーンインストールがうまくいかん!

1.予め、インストールするHDDはGPartedでext4でフォーマット、ブートフラグをつけておく
2.先ず、X230のWindowsが64-bitなのでRemix OS 3.0.206 (64-bit)をダウンロード して解凍
3.このなかにあるispファイルをWin32 Disk Imagerを使ってUSBメモリーに書き込む
4.これをインストールしたいPCに差し込んでブート起動
5.ここで画面が表示されてから3秒以内に「TAB」キーを押す
6.次の画面で既に起動コマンドが表示されているので
これを
/Kernel initrd=/initrd.img root=/dev/ram0 androidroot.hardware=remix_x86 and roidroot.selinux=permissive quiet SRC= DATA= CREATE_DATA_IMG=1
これに
/Kernel initrd=/initrd.img root=/dev/ram0 androidroot.hardware=remix_x86 and roidroot.selinux=permissive quiet INSTALL=1 DEBUG=
書き換える。
(英語キーボード配列なので「=」は「~^へ」キー)
7.インストールするストレージを選択
8.ブートローダーGRLUBを書き込む「Yes」
9.ブートローダーGRLUB2はシングル起動なので書き込まない「Skip」
10.ストレージへの書き込みを許可するかの確認Yes
11.RemixOSのインストールが完了したら「Reboot」を選択して「OK」
これで自動的にRemixが起動されるはずが、ブートデバイス選択画面が表示されてしまう。
ブートの設定がまずいようだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

Google Play対応Chromebook

ChromebookがGooglePlay対応になりandroidアプリが使えるようになった。
但し、現在対応しているのはこれだけ、2017年新発売の機種はすべて対応するようだ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

DVD-RAMフォーマットとデータ消去

20170123 Windows10ビルド1607のDVDを作成しようとISOファイルを書込でDVD-RAMの使い回しを試みた(ビルド1507→1511→1607)
古いビルドをフォーマットして使ったら書込み可能なデバイスを入れくれと怒られた。
フォーマットでは駄目でデータ消去なんですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

Remix OSアップデート

X230にRemix OSを入れてある。
これ、なかなか使い心地がいいのだ!
現在バージョン3.0.206、System Updateアプリで[チェック]ボタンを押したら3.0.207が来ていた。
早速13.46MBダウンロード、[再起動してインストール]ボタンを押したら自動的に再起動してインストールが始まった。
終わるとアプリの最適化が続いて終了した。
まさしくandroidと動作がおんなじだ!(あたりまえ)
ありゃ、デスクトップにあったアプリアイコンがなくなっていると思ったらMy appsには残っていた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

Windows10のリカバリー機能を試す

無償アップグレードしたWindows10のHDDリカバリー領域には旧OSだ!
いざという時に困るのでWindows10のリカバリー機能を試してみた。
 
1.復元ポイント
突然パソコンの調子が悪くなった時や危険な作業をやるときに調子のよかった復元ポイントに戻す。
復元ポイントはシステムファイルの過去の状態を自動的または手動で保存したもの。
但し、データは復元せず、最新状態のまま。
2.システム修復ディスク(CD1枚)
正常に起動しなくなった場合にスタートアップの修復など。
3.システムイメージファイル(外付けHDD/DVD数枚)
パソコンが調子の良い時点の状態を丸ごと保存しておく(作成には約1時間)
それを使ってその時の状態に復元する(復元には約40分)
パソコンが起動しない時はシステム修復ディスクか回復ドライブを使ってブート起動する。
4.回復ドライブ(32GBUSBメモリー)
丸ごと保存でも回復しないようなときに購入時の状態に近い状態に戻す。
パソコン内のOSにメーカー独自のドライバーやアプリを加えたもの(作成には約2時間)
回復は個人用ファイルを残すを選択しても追加したOfficeなどアプリがなくなる(復元には約20分)
これがメーカー提供の出荷状態に戻すリカバリーの近いようだ!
5.最新OS上書きインストール
システムイメージファイルや回復ドライブを作っていないときは最新バージョンのOSをダウンロード&上書きインストールする。
上書きなのですべてのアプリやデータの他にゴミも残る。
6.最新OSクリーンインストール
最新バージョンのOS上書きインストールでも修復できないときはクリーンインストールする。
こちらはHDDをクリーンな状態にするのでメーカー独自のドライバーやアプリやデータを追加する必要がある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

androidアプリをRemixOS対応にした

自作androidアプリLapTimeGPXKoKoDoKoがRemixOSに対応してなかった。
最近のスマホはハードメニューキーがないものが多いがソフトキーがある。
RemixOSにはハードキーもソフトキーもなくメニューが開けないのだ!
それでandroid4.0に上げてアクションメニューを使うように改良した。
Screenshot_20161225160328
Screenshot_20161225160201
Screenshot_20170109155439
Screenshot_20170109155537

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

targetSdkVersionって何?

KoKoDoKo日の出月の出をRemix OS対応にしようとAction Barが使える
minSdkVersion 11(android 3.0)
とするのはOKとして、

targetSdkVersion 11(android 3.0)にすると
天候予報(WorldWeatherOnline.com/OpenWeatherMap.org)が両方とも表示されない!
もとのままならOKだ!
targetSdkVersion 7(android 2.1)

携帯潮汐改
minSdkVersion 14(android 4.0)
targetSdkVersion 14(android 4.0)
でOKなのに意味わからん!

誰の参考にもならないと思うが覚書として書いておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

私流、Windows10の使い方

Nパソコンサークルのみなさん、パソコンは使えるんだけど基本を知らない!
そんなことで

もう一度、Windows10の使い方(私流)

をやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »