2017年2月21日 (火)

Chromebookでandroid版Skype

昔の人はChromebookでSkypeが簡単に使えなかったようだ!
GoogleはHangoutsを推奨しているようだが相手がSkypeだったらそうはいかない。
自分のChromebookはGoogle Play対応のChromebook Flip C100PAなのでandroid版のSkypeが使えるんじゃないかと試してみた。

なんだ使えるじゃない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

30日でできる! OS自作入門

これ、大いに興味あるが、

うーん、時間がないのだ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

スクリーンショットはAndroidアプリ「とりぽ」がいい!

Android機もChromebook機もスクリーンショットを撮るのにボタン同時押しが苦手だ!
・Android機は[電源]+[音量小]
・Chromebook機は[Ctrl]+[F5(ウィンドウ切替)]
そこで使い易いアプリを探したらAndroidで「とりぽ」というアプリがあった。
これは画面にシャッターボタンが表示されるのでタッチするだけでいいのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

Chromebookwをデベロッパーモードに移行したいんだけど・・・

Chromebookをデベロッパーモードにすると、
ChromeOSに開発環境を導入したり、他のLinuxディストリビューションをインストールできる環境を手に入れることができる。
反面、ノーマルモードにあったセキュリティ向上のために動作している機能の1つ「OS確認機能」を停止してしまう。

先ず、デベロッパーモードにして

Androidアプリの実機テストをしたいのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

Chromebookリカバリを試す!復元後・・・

Img_0031
ChromebookのリカバリをするにはESC+F3(リロード)を押しながら電源ONでデベロッパーモード起動する。
「Chrome OSが存在しないか破損しています。復元用のUSBメモリまたはSDカードを挿入してください。」と表示されるので
リカバリメディアを挿入、すると自動的にリカバリが開始され、10分程で画面が真っ黒(おそらく終了)メディアを取り出したら再起動された。
再び、言語=日本語、キーボード=US、無線LAN設定後、Gmail設定が必要だ!
追加したアプリもない、まっさらな購入時の状態だ!

その後、
Chrome OSのバージンをアップグレードしてみた。
[アカウント画像]→[設定]→[Chrome OS について]→[アップデートを確認して適用]
このせいかどうかわからないけど?、
購入後追加したアプリが徐々に戻って来た。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chromebookリカバリメディア作成に苦戦!

Chromebookをデベロッパーモードにしようと、先ずはリカバリメディアを試みた。
初め、Chromebookのメニューから「Chromebookリカバリユーティリティ」で作ろうとしたが何度やっても45分もダウンロードした後に「ファイルの解凍ができませんでした。もう一度やり直してください
Windowsマシンでも作成できるというので「Chromebookリカバリユーティリティ」をEdgeブラウザからダウンロードして実行したらモデル番号エラー、Chromeブラウザでないと駄目なのだそうだ!
Chromeアプリとして実行、メーカー入力して型式を選択、45分でダウンロード終了、解凍後、書込5分で無事終了した。

その後、Chromebookでのリカバリメディアの作成はリカバリしたが治らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

Chrome OS 対応androidアプリ

自作androidアプリでKoKoDoKoだけがChromebook flip C100PAで動作しない!
携帯潮汐改
携帯潮汐Ⅳ
携帯ワイド改
携帯ワイドⅣ
×KoKoDoKo日の出月の出
LapTimeGPX for Marathon
BlogLancher

GoogleからはChrome OSに対応するには下記を考慮するようにとの指針がでている。
・マニフェストでタッチスクリーンとセンサを“not required”に設定する必要がある。
・カスタムIME,ホームスクリーン,ランチャ,ウィジェットはサポートされない。
・提供されているマルチウィンドウサポートを使用すること。Android on Chrome OSでは,一度に3つのウィンドウをポートレート,ランドスケープ,最大化のいずれかのモードで実行することができる。
・キーボード,マウス,トラックパッドを使用するように,アプリケーションを更新すること。
・ユーザがChromebookを他のものに置き換えた場合,簡単に復元可能なように,外部にデータをバックアップすること。
・Chromebookがアップデートされて対応した時に対応できるように,Android N対応を実施しておくこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

Chromebookタッチパッドの使い方

ポインタ移動 パット上で指先を移動
クリック パッドの下半分をタップ
右クリック パッド上を二本指でタップ
スクロール パッド上を二本指で上下、左右に移動
ドラッグ&ドロップ パッド下半分を一本指でタッチしてもう一本の指でドラッグ
ぺージ替え 二本指で左右にスワイプ
全表示 三本指で上下にスワイプ
タブ切替 三本指で左右にスワイプ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

初めてのChromebook

1560_other_yv6dge5h 安くて小さなパソコンを物色していた。
初め、目を付けたのがYoga Bookだ!
これ、android版とWindows版がある。
どっちにしようか迷っている内にChrome版がもうじき出ると言う。
ところがこの機種の売りであるフラットキーボードがお絵書きをしない自分には不要で気に入らなくなって来た。
まだ、Chromebookはつかったことがない!
急に使ってみたくなった。
今度はChromebookの物色を始めた。
日本での売れ筋はASUS Chromebook Flip C100PA-RK3288のようだ!
これ10インチでGoogle Play対応でandroidアプリも使える。
難点はメモリーが2GB、4GB版のAsus Chromebook C100PA-DB02もあるが日本では発売されていない。
amazonに並行輸入品もあるが高いのでヤフオクを覗いたら下記のものがあったので30,000円で落札した。
製造年は2016年11月です。
2016年12月に購入し数回使用しました。
自宅での使用のみで、使わないときはケースに入れていたため目立つ傷などなく綺麗です。
とは言え、使用していたことにはかわりないので、神経質な方や気になさる方は入札をご遠慮ください。
外箱(ダンボール)に少々キズがあります。気になる方は入札をご遠慮ください。
Chromebookの特典(Googleドライブ100GB無料など)は受け取っていません。
ただし、特典が貰えるかは不明です。保証もいたしません。
純正ではありませんがこの品用に使っていたケースもおつけします。
サンワサプライ ネオプレンスリップインタブレットPCケース 10.1型 汎用 ブラック PDA-TABS10BK
パッケージに入れてありますが中古品です。
到着、早速開封、新品のようにきれいだ!
ディスプレー開いたら起動、あれスリープ状態で梱包発送したのかな?(まぁいいや)
そして設定、この機種はUS配列キーボードなのだ!
ChromebookでUS配列キーボードを使う方法
ここを参照して日本語が入力できるようになった。
[半角/全角]切替はこの機種では[shift]+[ctrl]+[space]だ!
タッチパッドの使い方は下記にあるがなかなか覚えきれないので当面は画面タッチで凌ぐ。
Chromebook のタッチパッドを使用する
Google Play対応の「ARC Welder」は最初からインストールされていたので自作androidアプリ「携帯潮汐」を「Playストア」からダウンロードしてみたら正常動作した。
Chrome拡張機能は「ウェブストア」からからダウンロードするようだ!
「ディスプレー開いたら起動、そしてブラウザが開く」はChromebookの仕様のようでここまで数秒しかかからない。
Googleドライブ100GB特典は残念!
「お使いの端末はこのプロモーションの対象外です。」
まぁ、2年間限定だからその後を考えると貰っても困るよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

Remix OSのクリーンインストールがうまくいかん!

1.予め、インストールするHDDはGPartedでext4でフォーマット、ブートフラグをつけておく
2.先ず、X230のWindowsが64-bitなのでRemix OS 3.0.206 (64-bit)をダウンロード して解凍
3.このなかにあるispファイルをWin32 Disk Imagerを使ってUSBメモリーに書き込む
4.これをインストールしたいPCに差し込んでブート起動
5.ここで画面が表示されてから3秒以内に「TAB」キーを押す
6.次の画面で既に起動コマンドが表示されているので
これを
/Kernel initrd=/initrd.img root=/dev/ram0 androidroot.hardware=remix_x86 and roidroot.selinux=permissive quiet SRC= DATA= CREATE_DATA_IMG=1
これに
/Kernel initrd=/initrd.img root=/dev/ram0 androidroot.hardware=remix_x86 and roidroot.selinux=permissive quiet INSTALL=1 DEBUG=
書き換える。
(英語キーボード配列なので「=」は「~^へ」キー)
7.インストールするストレージを選択
8.ブートローダーGRLUBを書き込む「Yes」
9.ブートローダーGRLUB2はシングル起動なので書き込まない「Skip」
10.ストレージへの書き込みを許可するかの確認Yes
11.RemixOSのインストールが完了したら「Reboot」を選択して「OK」
これで自動的にRemixが起動されるはずが、ブートデバイス選択画面が表示されてしまう。
ブートの設定がまずいようだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧