2017年9月 1日 (金)

Windows10サポート切れ!

自分のPCで1台だけWindows 10 RTM 初期バージョンのものがあったのでサポートを調べてみた。

名称 バージョン ビルド番号 サポート
Windows 10 RTM 1507 10240 2015/7-2017/5
Windows 10 November 1511 10586 2015/11-2017/10
Windows 10 Anniversary 1607 14393 2016/8-未定
Windows 10 Creators 1703 15063 2017/4-未定
Windows 10 Fall Creators     2017/10-未定
 
サポート切れのPCはX200sでWindows updateでエラーコード0x800705b4が表示される。
更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます。この問題が引き続き発生し、Web 検索やサポートへの問い合わせを通じて情報を集める必要がある場合は、次のエラー コードが役立つ可能性があります: (0x800705b4)
 
何しろ古い型のPCで問題の原因が沢山あってまだ解決しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

パソコン各社のBIOS/BOOT順位/SafeMode起動

パソコン各社のBIOS/BOOT順位/SafeMode起動がバラバラと思ったので調べてみた。
結果、だいたい同じでした。
間違いがあるかもしれません!

1.BIOSの場合
電源オンでメーカーロゴ表示時、素早く下記ボタンを押す。
尚、高速スタートアップ起動設定されている場合は完全シャットダウンをしてから行うこと。
「完全シャットダウン」の方法:[shift]+[シャットダウン]

メーカー BIOS BOOT safe mode
富士通 F2 F12 F8
パナソニック F2 F2 F8
東芝 F2 F12 F8
ソニー F2 F2 F8
NEC F2 F2 F8
EPSON F2 F2 F5
DELL F2/F12 F12 F8
Lenovo F1 F12 F8
HP F9 F9  
ASUS F2 F2  
ACER F2 F12  

(参考)「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」

2.UEFIの場合
(1)「更新とセキュリティ」
(2)「回復」
(3)「今すぐ再起動する」
(4)「トラブルシューティング」
(5)「詳細オプション」
(6)「 その他の修復オプションを表示 」
(7)「UEFI ファームウェア設定」
(8)「再起動する」

Windows10ではSafeMode起動はファンクションキーは有効でなく下記の操作で起動する。
(1)「Shift」を押しながら再起動
(2)オプションの選択>トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>再起動
(3)オプションの一覧>
・「4」 または「F4」>「セーフモード」
・「5」または 「F5」>「ネットワークをセーフモード」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

Windows10メールにgmail.nifty,yahooメールアドレス追加

Windows10の標準メールソフトにMicrosoft以外のメールアドレスを登録する方法は
アカウントからアカウントの管理→アカウントの追加画面からそれぞれ下記を選択して登録する。
1.gmailメールアドレス
「google」
・メールアドレス:xxxxxxxx.gmail.com
・パスワード:●●●●●●●
2.niftyメールアドレス
「その他のアカウント」
・メールアドレス:xxxxxxxx.nifty.com
・パスワード:●●●●●●●
3.yahooメールアドレス
「詳細セットアップ」→「インターネットメール」
・yahooID:xxxxxxxx
・メールアドレス:xxxxxxxx.yahoo.co.jp
・パスワード:●●●●●●●
・アカウントの種類:POP3
・受信メールサーバー:pop.mail.yahoo.co.jp
・送信メールサーバー:smtp.mail.yahoo.co.jp
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

dynabook Satellite B451/Dタッチパット無効

新潟の同級生つるちゃんの dynabook Satellite B451/D、タッチパットを無効にしたいと言う。
元々、Win7だったものがいつの間にかWin10になったもの。
Win7時代はマウスを使うとタッチパットが自然と無効になっていたようだ!
東芝のパソコンは通常、Fn+F9でタッチパット無効が切り替わるが反応しない。

遠隔操作で調べてみるとこの機種にはタッチパット無効化ユーティリティーが入っていたようだがWin10のすべてのプログラムを見ても見当たらない。
Win10にしたときに相性問題で削除されたのだろうか?

最後の手段はBIOSでタッチパット無効ができるかどうかだが遠隔操作ではちょっとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

Windows10IMEで「⇩」が変換できない!

X230で「⇩」は使えるがX220では変換すると「?」になってしまう。
両機を比べてみたら
・IMEを右クリック→プロパテイ
・IMEの設定画面→詳細設定
・IMEの詳細設定画面の変換タブ→詳細設定
・変換画面の変換文字制限で
X220は「変換文字制限をしない」にチェック
X230は「IVS(Ideographic Veriation Sequence)を含む文字を制限する」にチェックが入っていた。
ISVとは「辻」「楢」のようなIVS文字が変換できなくすれば「⇩」が表示できるようだ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

Edgeのお気に入りをタスクバーに置きたい!

Windows10 EdgeでYahoo Webメールのお気に入りをタスクバーに置きたいと試みたができない!
Internet Explorerでは「サイトをアプリビューにする機能」があるのでできるようです。

1.先ず、Edgeで「Yahoo Webメール」して右上の「・・・」から「Internet Explorerで開く」をクリック

Photo_8

2.ログイン画面が表示されたらIDとパスワード入力(記憶されていればこの画面は表示されない)
Photo_7

3.「Yahoo Webメール」画面が表示されたら上の「ツール」から「サイトをアプリビューに追加」をクリック
(「ツール」が表示されていないときはキーボードのALTを押す)
Photo_5

4.これで「スタート」ボタンからプログラムメニューを確認するとY項目の中に「Yahoo Japan」が追加されているはずなのでこれを右クリック、「その他」→「タスクバーにピン留めする」をクリックで登録される。
Photo_6
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

再び、ココログに戻って来た!

2017/02/26から本日までBloggerで浮気をしてましたがココログに戻ってきました。
理由はGoogle Adsenceをやりたかったのでブログで許可されていたGoogle Bloggerに移行してましたが審査合格せず諦めました。
言い訳すると書き方が日記風では駄目、論文調にしなければならないようです。
私はやっぱり覚書にしたいので日記風になってしまいます。
それとBloggerは過去記事が閲覧しずらいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

ARM版Windowsが楽しみ!

20170213npo1 スマホで使っているARM CPUでWindows10が動作するという、思ってもいなかったことが2017年末には実現しそうだ!

どんな製品になるか楽しみだ!

Windows10スマホも可能だろうが、これじゃ使い難いのでタブレットが主流になるのだろうか?

最近、Intel CPU搭載のGPD PocketなどのポケットPCが出てきているが、これらはAtom CPUなので駄目だ!
これのCPUをARMに置き換えて欲しい!
バッテリーで長時間駆動するだろうし、HP200LXやLibrettoを持ち出していた頃を思い出す。

11000001187701_2

6c8c7a03

もうひとつの興味はWindowsのCPUがIntelからARMの置き換わるのだろうか?
省電力、小型化では絶対有利なんだから・・・
ARMはソフトバンクの子会社だ!
日本のCPUが世界中で使われるようになると思っただけで楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

デジタル画像でわからないこと

画像にはアナログ画像とデジタル画像がある。
アナログ画像とは、実際に描いた絵や、フィルム式カメラで撮った写真の様なものの事を言う。 これらの画像は、拡大しても線が滑らかに繋がっている。
デジタル画像は、パソコンや、デジタルカメラで写された画像の事を言う。 アナログ画像と一見同じように見えるが、拡大してみると色の付いた小さな点の集まりだ。
ここではデジタル画像の説明をする。

1.ドット・ピクセル・解像度ってなに?

(1)ドットとは
デジタル画像は点の集まりで構成されている。
点は英語でドットです。

(2)ピクセルとは
この点の集まりを画素という。
画素は英語でピクセルです。

ー画素とか、ピクセルの例ー
・100万画素デジカメ:横1280dot×縦960dot=122万画素
・フルハイビジョン(1k)テレビ:横1920dot×縦1080dot=207万画素
・4Kテレビ:横3840dot×縦2160dot=829万画素(1kの4倍)
・パソコン:横1366dot×縦768dot=104万画素

(3)解像度とは
画素の密度が高い程、精細な画像になる。
これを解像度が高いという。
解像度の単位はdpi(ドット/インチ)です。

ー解像度(dpi)の例ー
・リーフレットなどの商業印刷 300~350dpi
・A1~A2サイズのポスター 150~250dpi
・Webなどのモニター画像 72dpi~96dpi

2.用紙サイズとピクセルの関係

・用紙(mm)=pixel/(dpi/25.4)
・ピクセル数(pixel)=mm×(dpi/25.4)

例えは、
解像度200dpiでA4:210mm×297mmサイズにするには横1654pixel×縦2339pixel

3.デジカメ画像には個人情報が記録されている

デジカメ画像にはイメージ情報の他に撮影場所や日時などの個人情報が記録されている。
これは撮影情報が判って便利な反面、公開する時には削除した方がようでしょう。
(1)撮影情報を確認する方法
・[画像ファイル]を右クリック→[プロパティ]→[詳細]タブで見ることができる

(2)撮影情報を削除する方法
・[画像ファイル]を右クリック→[プロパティ]→[詳細]タブの最下部にある[プロパテイや個人情報の削除]をクリック

4.jpg,png,gif,bmp の使い分け方

jpg,png,gif,bmpとは、それぞれ画像の形式です。
画像ファイルを見るとファイル名の最後に拡張子として表示されている。
それぞれ画像を表現するための特徴があるので用途によって使い分けるとよいでしょう。

(1)
jpg
(jpeg)
・人の目に見えない部分を省くので写真やグラデーションといった色数が多く、境がはっきりしていない画像に向いている
・JPEGは写真・グラデーションに対しては高画質だけれど、容量を軽くしてくれるというメリットがある
・ただ、画像を大きくしたり、保存し直す度に圧縮されてしまうので画質が劣化する
(2)
png
・JPEGとは反対に肉眼で見えないところも全て表示してくれる
・スクリーンショットやイラストなど、色数が少なく境界がはっきりしているものに向いている
・可逆圧縮方式のため何度保存し直しても画像の劣化はない
・また、透過・半透過処理が出来る
・ただ、それだけ優秀な分、容量も大きくなる。
(3)
gif
・色数は256色しかないので色数の多い画像では荒くなる
・必然的にアイコンなど小さくても認識出来るようなシンプルな画像やアニメーションに向いている
・現在はアニメーション以外ではほとんど出番がない
(4)
bmp
・オールラウンダーなのが、この拡張子でWindowsでも画像の標準形式である
・圧縮をしないため、何度保存しても画質の劣化はありません
・ただ、その分データ容量はとても大きくなる
・画質はPNGと変わらないので画像編集ソフトPNGに対応してない時に出番となる
・BMPが使えない編集ソフトはほとんどないので画像を渡す相手がどんなソフトを持っているかわからない場合などは容量は大きくなってしまうがBMPファイルで保存しておくと無難です

まとめると
・jpg:写真やグラデーションなど、色数が多く境界がはっきりしないもの
・png:テキストやイラストなど、色数が少なく境界がはっきりしているもの
・gif:簡単なアニメーションを作りたい時
・bmp:PNG非対応のソフトを持つ相手に画像を送りたい時

5.jpg,png,gif,bmp の相互変換

画像形式jpg,png,gif,bmpはそれぞれ[ペイント]などの画像ソフトで読み込んで[名前を付けて保存]で[ファイルの種類]を選択することで相互変換できる。

Henkan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

Windows10 Creators Update(1703)

X230 Creators Update

X230にCreators Update ver1703が来ていた。
早速、アップデート開始!
ダウンロードに4~5時間の掛かった。
これは自宅環境がADSL12MBのせいでしょう。
あと、X220とX201とX200sがある。
1台ずつやっていたら大変なのでWindows10 ISOファイルを作ることにした。

 

X210/220 ISOファイルからマウントを使う

ISOファイルの作り方は
(1)Windows 10 のダウンロードから[ツールを今すぐダウンロード]をクリックしてWindows10Upgrade.exeをダウンロード、
(2)これをダブルクリック起動して、[別のPCにWindows10をインストールするためにインストールメディアを作成する]をクリックする。
(3)これも4~5時間掛かって終了してWindows10.isoというファイルが出来ていた。
(4)これを通常はメディアに焼く訳であるが、Windows10では仮想メディアの機能[マウント]が使える。
Windows10Upgrade.exeを右クリック→[マウント]で仮想ドライブESD-ISOが表示されるので、その中にあるsetup.exeをダブルクリックしてアップデート起動

20170427 Photo

(5)Windows10アップグレードが始まり2~3時間で終了する。

これでX220は無事成功したが、
X201はupdateは終了したが再起動しなくなった。
電源も入らない。
バッテリーを外して放電して見たが駄目、windows7の入ったHDDの換装して見ても駄目だ!

Creators Update で Windows 10 はどう変わった?

コントロールパネルがない!

今までスタートボタンの右クリックで表示されたがここに場所は設定になっている。
コントロールパネルは何処に行ったか探すと「スタート」をクリックした「アプリの一覧」内の「Windows システム ツール」の中にあった。
奥まってアクセスし難くなったのは「プログラムのアンインストール」が「アプリの一覧」の右クリックで可能になったから重要度が下がったということだろうか?

デスクトップの真ん中に「あ」「A」

これ、便利だと思うひとと、邪魔と思う人がいると思う。
自分にはいい!
邪魔な人はタスクトレイの「A/あ」を右クリック→プロパティから「画面中央に表示する」のチェックを外せば表示されなくなる。
マウントが表示されない!

1

マウントが表示されない!

右クリック→[マウント]が表示されないときはisoファイルの開くの既定プログラムがエクスプローラ以外になっているせいなのでエクスプローラ設定し直す。
isoファイルを右クリック→[別のプログラム選択]からエクスプローラ選択して[常にこのアプリを使ってisoファイルを開く]にチェックを入れてOK

| | コメント (0) | トラックバック (0)